沖のルアー春シーズン到来 SLJで良型イサギにタイラバで良型マダイ

沖のルアー春シーズン到来 SLJで良型イサギにタイラバで良型マダイ

シケの合間を見て北九州市・戸畑港の海政丸に乗船しタイラバ&ジギングにチャレンジ。マダイに良型イサキ、アコウなどをゲットしたので、その模様をお届けする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海政丸でタイラバ&ジギング

2月13日の釣行メンバーは、TEAM雑魚の太田さん、岸本さん、原田さんと私の4人。13日の6時30分に出船し、約1時間30分で角島沖に到着。パラシュートアンカーを入れたら実釣開始だ。

タイラバは、グリーンゴールド系80gのベッドを取り出し、グリーン系ゼブラのネクタイをチョイスしてセット。ウキウキ気分でフォールさせていく。

沖のルアー春シーズン到来 SLJで良型イサギにタイラバで良型マダイ当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

水深は70m、ステイしたらすぐにロッドをに生体反応が伝わる。乗った手応えは十分だが1尾目はとてもきれいなレンコダイ。続いてまたまたレンコダイ、水温は13.5度だが活性は良さそうだ。

釣友たちにイサギやアコウが

そして、フォール中の40mで食い上げがありロッドをあおってフッキングを試みるが、乗らなかったのでそのままフォールさせるとまたまた食い上げで今度はうまく乗った。すると、勢いよくドラグを鳴らしラインが一気に走る。幾度かやり取りを繰り返すと良型マダイが浮いてきた。

隣ではSLJに奮闘していた岸本さんにデカいイサキがヒット。太田さん、原田さんも次々とマダイやアコウなどをキャッチした。

沖のルアー春シーズン到来 SLJで良型イサギにタイラバで良型マダイアコウをゲットした太田さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

さらにSLJをしていた原田さんにヘビーなアタリがあり、ドラグからラインがドンドン出ていくが、ドラグを絞めたところでロッドがフッと軽くなった。かなりデカいと思ったが、ジグもろとも持っていかれラインを回収したらリーダーはズタボロだった。

80mラインでマダイフィーバー

昼をすぎ、80mラインに移動してからはマダイフィーバーに突入した。ヒットパターンは底から20mラインまで高速リトリーブし、ふわっと落とした感じでアタリがあり、この時期としてはかなり上まで浮いていると思われた。

沖のルアー春シーズン到来 SLJで良型イサギにタイラバで良型マダイマダイが連発ヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

フォール時に食い上げるアタリがあったり、ラインが走ったり、終盤は特にとても楽しい釣りとなり、春の訪れと本格シーズンに入る前の確かな手応えがあった。

祝 大漁 祈 安全

<週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
海政丸
出船場所:戸畑港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。