エサ巻きエギでコウイカエギング 後半苦戦も本命3匹ゲット【忠栄丸】

エサ巻きエギでコウイカエギング 後半苦戦も本命3匹ゲット【忠栄丸】

2月22日、開幕してから順調なコウイカ釣りに、2度目の挑戦をしてきた。愛知県・南知多町の片名港出船の忠栄丸での、本命3匹を仕留めた釣行の模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・大橋浩)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

忠栄丸でコウイカ釣り

コウイカ釣りが開幕してから順調な釣果が出ているようで、2度目の挑戦を考えていたら上野先生(さざなみ会の先生)と話が合致して、2月22日に愛知県・南知多町の片名港出船の忠栄丸へ予約を入れた。

当日は午前4時30分ごろに片名港の駐車場へ到着。すると、上野先生が先着して荷物を降ろしている途中で、私も荷物を降ろす。5時30分ごろに受け付けが始まったが、ビックリ!仲間の余呉さんも陽気に誘われて来たとのことだった。

午前5時45分から釣り座の抽選があり上野先生が右舷トモ、余呉さんが右舷ミヨシに決定して、続いてコウイカ釣りのレクチャーがあり、各自が釣り座で仕掛けをセット。定刻の6時30分に満席で出船となり、航程40分で伊良湖沖の流し釣りポイントへ到着した。

エサ巻きエギでコウイカエギング 後半苦戦も本命3匹ゲット【忠栄丸】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・大橋浩)

開始早々本命ゲット!

晴天で微風、寒さはなく波高1mのベストコンディション。山下船長から、「水深48m。底中心に2mほど上までを探ってください」との合図で一斉投入となった。

ラインがミヨシよりトモ側へ速く流れ、途中でストップさせながら少しずつ下げていく。着底後にイトフケを取って大きくシャクり、仕掛けが着底して5秒ほど待ってから再度シャクると、ガツンと重みを感じて「ヤッタ~」との声が出た。

あとは慎重にリールを巻くだけで、外れるな、外れるなと祈りながら、50mほどラインを巻き取る時間が長いこと。でも、コウイカの姿が見られると一気に元気が戻って、4代目の侑記君が差し出すタモへと誘導して無事にゲットできた。

エサ巻きエギでコウイカエギング 後半苦戦も本命3匹ゲット【忠栄丸】筆者とコウイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大橋浩)

潮止まり近づくと沈黙

2投目も同様でゲットして幸先いいスタート。「今日は10匹は軽い」と思われたが、そう甘くないのが釣り。それでも、午前8時ごろまでに3匹ゲットできたので安心していたが、下げの潮止まりが近づくと、仕掛けが絡むようになってオマツリが続出する。

左舷大ドモと右舷ミヨシでポツリ、ポツリと上がるのが見えただけで、私もエギを投入ごとに替えてみたが、無反応で沈黙が続く。侑記君に前日と何が違うのかを聞いてみると、潮が動かないのでイカの動きも悪いようだとのことだった。

ミヨシの余呉さんのタモ入れが見え、胴の間の人がコウイカを上げ、私の左隣の人はミニダコを続けて上げる。

最終釣果

黙々と釣り続けていた上野先生も、ついにサオを曲げて侑記君がタモ入れ。「長かった」とポツリ。姿が見られて良かった。おめでとう。

エサ巻きエギでコウイカエギング 後半苦戦も本命3匹ゲット【忠栄丸】上野先生も本命をキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大橋浩)

午後12時30分の沖上がり時間が近づいてから、バタバタとコウイカが上がりだすのがミヨシから始まり胴の間までくるが関所があり、私まで届かず残念!!

当日のコウイカの釣果は私が3匹、上野先生が1匹、余呉さんも1匹、サオ頭は7匹で、6匹上げた人は2人ほど。鳥皮巻き、ケミホタル巻きで上げることができた。

アフターフィッシングも充実

コウイカ釣りは難しいが、いれば釣れることが2回の釣行で分かった。どうすれば釣れるのかは今度の課題だが、シャクってガツンが病みつきになる。今後もますます楽しみな釣りに格上げされるだろう。皆さんも防寒・コロナ対策を万全にして、チャレンジしてはいかがだろう。

当日の夜はコウイカの刺し身、てんぷらで、コリコリ感が最高。肝あえ、塩焼きもグーだとか…。

<週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
忠栄丸
出船場所:片名漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年3月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。