『メバリング』ステップアップ解説:「深夜帯」の状況別攻略方法

『メバリング』ステップアップ解説:「深夜帯」の状況別攻略方法

メバルは夜。といっても、大体翌日を考えて22時くらいまでに切り上げるアングラーが多いのでは?実はその後もメバルは釣れる。今回は深夜のメバリングについて解説したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

深夜のメバリング

ミッドナイト、大体24時を回るとアングラーの姿が極端に海から少なくなる。私は自分の都合が許せば、この時間帯からメバリングに出かける夜もある。道も空いているし、何なら気分もいい。気温にだけは注意してしっかり着込みたいが、夜も比較的暖かいならばそこから終夜釣ってもいい。

メバルは間違いなく潮に絡むが、人的プレッシャーが抜けてリセットされた海では、もともとの習性がおそらくそうであるように、好奇心旺盛にワームにパクついてくる。居つきの群れの普通のバイトだ。ただ連日たたかれまくっているような漁港周りは、さすがに厳しい。それよりは、普段は多少反応が薄くても、少し離れた場所を狙いたい。

深夜の状況別釣り方

ミッドナイトメバルの釣り方は、一概にどうと言えない。リトリーブでバンバン釣れることもあるし、レンジキープでバイトが続くことも。反面、ワームを通すと一瞬でプレッシャーがかかって(釣られたことを思い出すのだろうか)1匹で止まることもある。

そのようなムラがあることは承知の上で、やはり潮に相関する釣り方を考え、なるべく釣果を伸ばしたい。潮の動きを潮見表でチェックして、リグの通し方をちょっと工夫しよう。

潮が動いているとき

深夜でも潮が動くときがある。満月周りなどは特にそうで、3時くらいに向けてげっそりと潮が痩せていくタイミングがあり、こうなると下げ始めから狙える。小潮のように、ずっとダラダラと潮が動き続けている海では、むしろ深夜からメバルが高活性になることもある。

このような比較的潮が効いている海では、もっともシンプルな巻きの釣りが有効だろう。ただワームの波動には気をつけよう。いきなりブリブリと強波動のワームを通すとスレる。

『メバリング』ステップアップ解説:「深夜帯」の状況別攻略方法メタルジグでも食うことがある(提供:TSURINEWSライター井上海生)

潮が動かない時

まるでプールのような状態に潮が死に絶えているとき。こういうときでも、メバルは結構食う。ぴたーっとした海の方が、私としては期待が持てる。的が絞りやすいのだ。というのも潮止まりは確実にプランクトンパターンか、場所によってはヒイカパターンで、どちらも極度に遊泳力が弱い(というかプランクトンの場合は「ない」)ベイトがメバルの狙いになっている。

このような海ではレンジキープ釣法一本でいく。「止め」の釣り。軽量リグでじわーっとワームを見せてやり、プランクトンをイミテートして、メバルに口を使わせる。プランクトンの滞留しやすい波止、漁港のコーナーやキワのタイトなコース、レンジはド表層から1カウントずつ刻んで釣ろう。私の経験上、水深が3m程度の普通の漁港では、0.4gのヘッドで8カウント前後が狙い目だ。

ド干潮の潮止まり

深夜にド干潮、潮位40cm未満という感じの潮止まりでは、メバルも食ってこない。単発でポンと出るくらいで、じゃあカサゴでも、となるのだがカサゴも干潮潮止まりは厳しい。ド干潮が深夜に来る場合は釣行を控えたい。

満潮潮止まり

深夜に満潮の上げ止まりがくることもある。小潮でよくあるシチュエーションだ。これもなかなか難しい。メバルがダラダラと捕食し、ちょうど満腹になって、食うのをやめるというタイミングになる。そうなるとレンジが下がり、特に上から落ちてくるものにも注意を払わない。狙うならば、やや小さめのワームを10カウント前後入れて、「止め」で釣ろう。

『メバリング』ステップアップ解説:「深夜帯」の状況別攻略方法満腹のメバルを小さめのワームで狙う(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで明け方のチャンスタイムについて解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。