『メバリング』ステップアップ解説:「深夜帯」の状況別攻略方法

『メバリング』ステップアップ解説:「深夜帯」の状況別攻略方法

メバルは夜。といっても、大体翌日を考えて22時くらいまでに切り上げるアングラーが多いのでは?実はその後もメバルは釣れる。今回は深夜のメバリングについて解説したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

明け方はブルーバックのチャンス

夜が明けるとメバルはさっと群れが抜ける。その姿を見ることもある。しかし条件的に潮通しのいい水道などが釣り場となり、空がブルーグレーの状態で回遊個体を狙えるならば、これは攻めたい。マイクロメタルジグの速巻き、クリア系ワームの速巻きで、回遊性の高いブルーバックを手に入れたい。

『メバリング』ステップアップ解説:「深夜帯」の状況別攻略方法明け方はブルーバックのチャンス(提供:TSURINEWSライター井上海生)

以上、深夜から明け方にかけてのメバルの狙いについて解説した。夜型のアングラーにはぜひ。季節的に夜は寒く神経を削る釣りにはなるので、安全対策は万全に整えて挑もう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。