『エビまき釣り』の「エビクーラー」自作方法 100均グッズをフル活用

『エビまき釣り』の「エビクーラー」自作方法 100均グッズをフル活用

長い巣篭り生活を満喫すべく、釣り道具の整理や新しく釣り道具の購入をしているのですが、その中でエビクーラーを作ったので、その模様を紹介したいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター池淵重紀)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

エビクーラー自作手順

・メーカーのHPなどでクーラーの内寸を確認します(なければ自分で計測)。

・「鉢底ネット」を内寸より約1cm短くカットします(幅と奥行きのみ)。1cm短くするのは、結束バンドで止めるための隙間を作るためです。

・切り出した鉢底ネットを結束バンドで仮止めすます。

・できあがったものをクーラーボックスに仮で設置して、自分好みの高さにカットします。今回、私はエアーポンプをボックスインタイプにするため、段違いの高さにしました。またエビが休み易いように2部屋にしました。

・高さが決まったら、一定の間隔で結束バンドで結束していきます。網の上部には飾りの意味も込めて「アルミ自在ワイヤー」を固定します。本来なら強度を上げるためにアルミ棒を入れる方が多いですが、今回はボックスインタイプにするために段違いにしたので、自在のアルミワイヤーとしました。

『エビまき釣り』の「エビクーラー」自作方法 100均グッズをフル活用ネット上部にアルミワイヤーを固定(提供:TSURINEWSライター池淵重紀)

・「タッパー」はクーラーボックス内に引っ掛かりがあるため、引っかかるタイプのものを用意しました。

・タッパー内にエアーポンプを設置するため、ガタツキを防止するために「防振粘着シート」を設置します。エアーホースが6mmのため、タッパーのサイドに6mmの穴を1か所あけます。そして、蓋にはエアーを取り込めるように数か所穴をあけます。

『エビまき釣り』の「エビクーラー」自作方法 100均グッズをフル活用タッパー内にエアポンプを配置(提供:TSURINEWSライター池淵重紀)

・側面の穴へエアーホースを通し、「ぶくぶくカーテン60cm」と接続します。ぶくぶくカーテンは庫内全体にエアーを送れるように庫内を這わします。

『エビまき釣り』の「エビクーラー」自作方法 100均グッズをフル活用庫内はこれで完成(提供:TSURINEWSライター池淵重紀)

これで庫内は完成です。

最後は、クーラーボックスのステッカーチューン。愛用のメーカーや所属クラブ、自分の名前やお気に入りの渡船店などなど、自己満足の世界ですから愛着の沸く1品にチューンナップしてみました。

『エビまき釣り』の「エビクーラー」自作方法 100均グッズをフル活用外側はステッカーでチューン(提供:TSURINEWSライター池淵重紀)

<池淵重紀/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。