まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:釣り方&ポイント関連

まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:釣り方&ポイント関連

カサゴゲームの釣法、また魚がついているポイントも様々だ。釣行に出かける前に基本的な部分を確認しておこう。今回はカサゴゲームの釣法、ポイント関連の用語を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

デイゲームの用語

デイorナイト。昼と夜とで、カサゴへのアプローチは変わるので、覚えておこう。まずはデイゲームの釣り方に関する用語から。

ボトムダート

新子が簡単に食ってくる夏を除いて、デイゲームではカサゴは本当に底ベタであることが多い。そこで、リグをボトムにタイトに落として、ダートアクション(左右に跳ねさせる動き)を演出することを、ボトムダートという。単に魚の目の前に「飛び跳ねるモノ」を見せてリアクション的に口を使わせる効果もあれば、小エビを真似てバイトさせる意味もある。

マイクロメタルジギング

1~5g程度の軽量のメタルジグを、やはり日中の底ベタのカサゴの視界にヒラヒラと落としてやる。マイクロメタルのフラッシング(きらめき)効果で魚の視線を寄せて、フォールで口を使わせる釣りを、マイクロメタルジギングという。その他の魚種のバイトも多い。

まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:釣り方&ポイント関連マイクロメタルで釣ったデイカサゴ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アクションは、一般的なマニュアル操作のジグならば、ちょんちょんとサオ先で軽く上下させて、あとはスッとラインテンションを抜いて落としてやるだけ。このとき、ボトムステイさせすぎないように気をつけよう。ハリ数が多いメタルジグはステイでロストしやすい。

ナイトゲームの用語

次にナイトゲームの釣り方に関する用語を紹介。

ボトムリトリーブ

カサゴのつくボトムをジグ単(ジグヘッド+ワーム)で巻きで探ること。カサゴのナイトゲームでもっともシンプルな釣法。コツはボトムにベタッとつけすぎないことだ。しっかりとボトムが取れる重量より、多少ジグヘッドを軽くしてスローリトリーブすると釣れやすい。

まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:釣り方&ポイント関連ジグ単リグを使いボトムで巻きの釣り(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ボトムふわふわ

その場の海の条件で底が取れるぎりぎりの重量の軽量ジグヘッドを使い、ボトムにふわふわとリグを漂わせる釣り方。ハイプレッシャーのポイントでスレたカサゴ、大型個体に効きやすい上、根がかりしにくいのも長所といえる。

マイクロメタルジギング

1~5g程度のマイクロメタルジグを使った釣り方。デイゲームと同様、カサゴはナイトゲームでもマイクロメタルジグに反応がいい。ただ、日中は底ベタのカサゴも、夜は(上げ潮絡みでは特に)レンジが上ずる。決して底にタイトにいきすぎず、ややボトムを切るイメージでヒラヒラとジグを動かすか、またさーっとトレースするような巻きでも釣れる。

次のページでポイントに関する用語を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。