まずはここから覚えたい『メバリング』用語集:リグ(仕掛け)関連

まずはここから覚えたい『メバリング』用語集:リグ(仕掛け)関連

メバリングのリグについて、詳しいことを知りたい。基本的にジグヘッドとワームだが、その小さな世界の中に数多くの専門用語がある。もちろん、プラグのことも、理解したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバリングのジグヘッド

まずは基本のジグヘッド関連の用語から紹介しよう。

ジグヘッド

ワームを付ける、ナマリとハリが一体になったもの。略して「ヘッド」と呼ぶことも。一般的にナイトメバリングのジグヘッドはラウンド形状、またはそれに近い形状が多い。デイメバル用に、ナマリ部分がヤジリ型や、その他変則的な形状のダート用ジグヘッドもある。

まずはここから覚えたい『メバリング』用語集:リグ(仕掛け)関連ラウンド型のジグヘッド(提供:WEBライター・井上海生)

ジグヘッドウェイト

ジグヘッドの重さのこと。ヘッドウェイト、とも呼ばれる。メバリングでは0.2~1.5g程度までをメインに使用する。デイゲームで底を取る必要があるときには2g以上も使う。

シャンク

ジグヘッドのハリの、まっすぐな部分のこと。シャンクの主な違いとして長さがあり、ショートシャンク、ノーマルシャンク、ロングシャンクがある。シャンクがほとんど、ジグヘッドの大きさを決める。通常のメバリングでは、ショートシャンクかノーマルシャンクのジグヘッドを利用する。変則的な形状のシャンクもある。

ゲイブ

ハリ先のこと。厳密に言うと、シャンクが曲がって、そこからハリ先までいく、折れ曲がった先の全体の部分のこと。メバリングではシャンクに対して、ほとんど平行に伸びているノーマルゲイブが多い。ただしショートバイト対応のために、ショートシャンク、アジング用のハリ先が開いたオープンゲイブを用いることもある。

メバリングのワーム

続いてワーム関連の用語を紹介する。

塩ビ系

もっともポピュラーなワームの素材。特にフグ・ベラに強いという説明書きがない場合、塩ビ系のワームとなる。ヘッドに刺しやすい、微妙に違いはあるが基本は軟らかい素材。

エラストマー系

デイゲームやナイトの岩礁帯など歯のある魚が多いポイントで、ワームがかじられることがある。その攻撃を比較的軽減し、防ぐことができるのが、エラストマー系のワーム。感覚で言うと硬めで、モチモチ、ぶにゅぶにゅしたような素材感が多い。ちなみに、ジグヘッドケースの中で、塩ビ系と絶対に混ぜてはいけない。素材同士が干渉し、ワームが溶ける。

サイズ:1.5~2inch

メバリングのワームのサイズは、基本的に1.5~2inch前後となる。3inchにも食うことがあるが、良型の活性が非常に高いときや、尺級しか狙わないとき以外は2inchまで。

カラー

ワームカラーには、大きく分けてソリッド系とクリア系がある。ソリッド系とは、ワームの向こうが透けて見えない、まさしく「固形」のようなカラー。クリア系はワームの向こうが透けて見えるようなカラー。透明でなくても、たとえば赤っぽいものや金色っぽいものなどがある。

まずはここから覚えたい『メバリング』用語集:リグ(仕掛け)関連様々な色がある(提供:WEBライター・井上海生)

次のページではハードルアー関連の用語を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。