ジギングで良型青物6尾 7.5kgヒラマサ&ブリにカンパチも【福岡】

ジギングで良型青物6尾 7.5kgヒラマサ&ブリにカンパチも【福岡】

年始は久々に福岡でも積雪があり寒い日が続いた。寒さが苦手な人には嫌な季節かもしれないが、私には脂の乗った魚を釣る良いシーズン。特に寒ブリはジギングのターゲットとして人気である。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

青物6尾の釣果に満足

しばらくして、対馬近くで12kgが上がったと情報が入り、そこへ向かうことに。30分ほどでポイント到着。しかし、ウネリが強くジャークするのもかなりしんどいのと、時折大波がきて釣りにならない。しかも釣れるサイズはダウンしてしまったので七里ヶ曽根に戻るが、みんなも体力を消耗しているので、壱岐の水深50~60mの場所を探る。

しかしいっこうにアタリはないため、水深40mのヒラマサのポイントに移動。しばらくアタリなかったが、夕マヅメの時合いだろうか?ヒラゴクラスがぽつぽつヒット。同船者にいいサイズの青物らしき魚がヒットしたが、無念のフックアウト。最後の一流しでヒラゴを追加し、リリース含め6尾の青物を釣ることができた。やはりジギングは楽しい!

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ナインブルー
出船場所:箱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。