「乗っ込み」マダイ狙いのサビキ釣りで良型スズキが連発【鳴門海峡】

「乗っ込み」マダイ狙いのサビキ釣りで良型スズキが連発【鳴門海峡】

1月17日、鳴門海峡に釣行した。狙いは春の乗っ込みマダイということだが、果たして狙い通りにならないのが、人生や釣りの面白さである。この日もやっぱり……。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

船釣り エサ釣り

西山渡船で鳴門海峡へ

お世話になった西山渡船の船頭とコロナの話をすると、屋外で密にならないゴルフとかキャンプとか、釣りは影響が少ないそうだ。そうなんだ、と思っていると、テレビでもゴルフ場は予約で盛況とのニュースが流れていた。

幸い四国4県には、緊急事態宣言もされてないので、釣りに出かけた。もちろん、対策はしてのこと。この日のメンバーは釣友の宮脇さん、赤穂さん、松藤さんと私の4人である。

10本バリ14~15mのサビキ仕掛けを使い、乗っ込みのマダイを狙う。オモリは35号を使用。

「乗っ込み」マダイ狙いのサビキ釣りで良型スズキが連発【鳴門海峡】朝焼けを眺めながら出船(提供:WEBライター・濱堀秀規)

大荒れの状況

船は大きいので比較的安定しているが、風速8m/sの風がビュンビュンの海の上は、波の状態を例えると白ウサギがピヨンピョン跳んでいる。強風で寒い。手がかじかむ。それでも、船頭は鳴門の北部の一級ポイントまで船を走らせて、いかりを下ろした。

船長は「ここで釣れなかったら、他のところでは釣れん」と言う。鳴門の一番のマダイの一級ポイントだそうだ。先々週は、1日400匹。先週は200匹の釣果であったそうだ。3ケタは軽く行くだろうと、船長は自信満々である。

一級ポイントでスズキ登場

私は、軽い船酔いで、寒さも加わって、体が固まっていた。加えて、バッテリーは持ってきたのだが、電動リールとバッテリーをつなぐ線を忘れてきたので、手巻きである。まあ、ちょくちょくあることで、手巻きでも気にはしない。これくらいで落ち込むおっさんではない。

しかし、赤穂さんと私がチャリコを釣っただけで、音沙汰なしである。

そして、松藤さんのサオが大きくしなり、手持ちのサオがグングンと海中に刺さるようにしなっている。電動リールに助けてもらって巻き上げている魚が、やっとこさ船に近寄った。

「でかいんちゃう」と私。船長が「これがマダイなら70cmあるかなあ」とワクワクさせてくれる。が、上がってきたのは人の名前と同じ呼び方がある魚である。そう良型スズキであった。「やっぱ荒れとうけん、スズキが釣れたんやな……」と船長。

「乗っ込み」マダイ狙いのサビキ釣りで良型スズキが連発【鳴門海峡】松藤さんにスズキ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

次のページでは気になる乗っ込みマダイの展望を紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。