今さら聞けない『ライトゲーム』のキホン:ライン4種の素材&太さの選び方

今さら聞けない『ライトゲーム』のキホン:ライン4種の素材&太さの選び方

ライトゲームにおいてラインは非常に重要な要素。今回は4種のライン素材のメリット&デメリット、太さの選び方について解説します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー ショア

ラインの太さ選び

素材の次に迷うのはラインの「号数=太さ」ではないでしょうか?あくまでも参考基準としてご覧ください。

今さら聞けない『ライトゲーム』のキホン:ライン4種の素材&太さの選び方魚種&素材別ラインの太さ(作図:WEBライター・檜垣修平)

ライトゲームではドラグを使うことが前提となるため、ドラグをしっかり調整した上での数字となります。この表以上に太くしても過度な強度になり、細くするとラインブレイクのリスクが大きいと言えます。

ロッドも適切なものを

仮にライトゲーム用のラインをシーバスロッドで使おうとすると、フッキング時に瞬間的な力が掛かりいとも簡単に切れてしまいます。各種ロッドには適正なラインの太さが記されています。これはサオの硬さだけに留まらず、ガイドの直径などにも関係します。

近年のアジングロッドなどは、感度向上のために極小ガイドを搭載しているものも多く、適正よりちょっと太いだけでも飛距離ががくっと落ちることがあり、破損に繋がることも。一度お持ちのロッドをチェックしてみてくださいね。

今さら聞けない『ライトゲーム』のキホン:ライン4種の素材&太さの選び方サオとの相性も大事(提供:WEBライター・檜垣修平)

<檜垣修平/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。