【東海2021】イワシ泳がせで狙う「ハタ釣り」超入門 タックル~釣り方

【東海2021】イワシ泳がせで狙う「ハタ釣り」超入門 タックル~釣り方

暦の上では立春。比較的低水温に強い底棲魚、いわゆる根魚は盛んにエサを追い始める。今回は泳がせ釣りで狙うハタ釣りの基本を紹介しよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

低水温に強い根魚

世界中に蔓延する件(くだん)のウィルスのせいもあろうが、今年の大寒はことのほか寒々しく感じるのは私だけであろうか。陸でも海でも目に見えぬ何かにおびえ、恐れて窮屈ったらない。

たまの休日は自由に好きな場所に釣りに行き、気のおけない仲間と大声で笑い合う。その日常が簡単には手に入らなくなった今、釣りに行くことがいいことなのか、果たしてそうじゃないのか、誰も答えは知らないし誰も下を向いてほぞをかむ事態はもうたくさんだ。

とは言え、暦の上では立春。雨水と続き春は決して遠からじ。海は少しずつにぎわいを戻しつつある時期である。年間最低水温を記録するのはもう少し後のことだが、注ぐ真水によってベイトとなる小魚は一斉にわきだし、比較的低水温に強い底棲魚、いわゆる根魚は盛んにエサを追い始める。

読者の皆さんが気軽に釣りに行き、夕食にはその日の獲物を堪能できる現実的なエリアは、おおむね伊勢湾口から志摩、尾鷲辺りだろうか。

狙えるハタ類

狙える獲物はクエ、マハタ、ホウキハタを筆頭にアカハタやキジハタ、オオモンハタなどいずれ劣らぬ怪力高級魚ぞろいときている。メインとなるターゲットの最大は、70cm5kgから6kgといった中小型であるが、掛けた直後の瞬発力たるや思わず腰が浮いてしまうほどだ。

【東海2021】イワシ泳がせで狙う「ハタ釣り」超入門 タックル~釣り方怪力の持ち主であるホウキハタ(左)、マハタ(右)(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

そして何より寒の時期の根魚は、言わずもがなの絶品。白身にまとった上品な脂は、鍋に良し造りに良しと、皮から骨まで余すことなく堪能できることうけあいだ。

【東海2021】イワシ泳がせで狙う「ハタ釣り」超入門 タックル~釣り方近年増加中のキジハタ(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

「泳がせ釣り」が最短距離

釣り方はやはり生きイワシを使っての、ライトな泳がせ釣りが最短距離である。今回は根魚を狙った泳がせ釣りを紹介していこう。

【東海2021】イワシ泳がせで狙う「ハタ釣り」超入門 タックル~釣り方イワシの泳がせで狙ってみよう(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

次のページでハタ狙いのタックルを紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。