都市河川でナマズ&ティラピア好捕 温排水が狙い目【愛知・荒子川】

都市河川でナマズ&ティラピア好捕 温排水が狙い目【愛知・荒子川】

12月末、愛知県名古屋市中川区を流れる荒子川へ釣行。この川はティラピアが多く生息していることで有名だが、バスやナマズ、ライギョも狙える。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

荒子川でナマズゲーム

12月25日、愛知県名古屋市中川区を流れる荒子川へ釣行。この川は温泉のように水温が高く、場所によっては水面から湯気が立ち込めるほど。この川はティラピアが多く生息していることで有名だが、バスやナマズ、ライギョも狙える。

当日は夕マヅメ間近の午後4時ごろに到着。水質はクリアだ。今回は駅前広場~マンション前までを探る。まずは駅前広場周辺からスタート。

40cm級バスがヒットも……

ここは荒子川の上流部で川幅は狭く、水深も浅いためボトムが丸見え。日中はバスが寄ることは少ないが、夜間はプレッシャーが薄れるため回ってくることが多い。まずはサーチベイトとして、ハンプバックF25のアピール系をセット。巻きモノ系だが、移動距離を極力少なくするためにキックバックさせて探る。

都市河川でナマズ&ティラピア好捕 温排水が狙い目【愛知・荒子川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

するとアシ際辺りで反応があったので、今度はルアーをポップR-P61のアピール系に替え、アシ際を探る。ルアーが着水したら波紋が消えるのを待たず、連続ポップ音で探る。

すると水面を割ってバスがルアーにバイト。40cmは超えていそうだ。しかしエラ洗いで痛恨のバラシ。

新八田橋周辺でティラピア連発

次に新八田橋周辺へ移動した。ここは少し川幅が広がり、橋下に広がるシェードと噴水公園からの温排水が狙いめだ。ここでは手のひらサイズのティラピアが連発したが、バスは出なかった。

最後にマンション前へ移動した。ここは橋下のシェードと全体に繁茂したウィードが主なストラクチャーで、ほとんどの人は根掛かりを恐れて見向きもしない場所だが、魚のストック量は多い。

手当たり次第ピッチングしポップ音で探ってみると、橋下の奥から大きな捕食音が聞こえたので、すぐさまルアーをピックアップして、橋下のシェード奥へルアーをスキップさせて送り込んだ。

だが反応がない。そこでチャガー音を出して、魚にスイッチを入れてみる。これは意図的に捕食音を作り出す動かし方で、ラインを張りながらルアーを完全に引ききって水中にダイブさせたときに出る音だ。

次のページで本命ナマズ登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。