都市河川でナマズ&ティラピア好捕 温排水が狙い目【愛知・荒子川】

都市河川でナマズ&ティラピア好捕 温排水が狙い目【愛知・荒子川】

12月末、愛知県名古屋市中川区を流れる荒子川へ釣行。この川はティラピアが多く生息していることで有名だが、バスやナマズ、ライギョも狙える。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

60cmナマズ登場

すると次の瞬間大きな捕食音があり、送り込んでからスイープフッキング。ロッドは大きく弧を描き、魚は下流へ突っ走る。バスかと期待が高まるが、全然エラ洗いしない。足元に寄せてランディングするとビックリ、黒光りした60cmの太ったナマズ君だった。

都市河川でナマズ&ティラピア好捕 温排水が狙い目【愛知・荒子川】ナマズ登場(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

その後はバイトがなくなったので、午後6時に納竿した。今回訪れた荒子川は、冬でも快適に釣りが楽しめる釣り場で、アクセスも良く、岸際には手すりもあるので安全に釣りが楽しめる。ただ街中を流れる川なので、マスクの装着は必須。コロナウイルス感染症対策は万全にして出かけよう。

都市河川でナマズ&ティラピア好捕 温排水が狙い目【愛知・荒子川】ポイント風景(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

<週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
荒子川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年1月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。