「コスパ抜群」と大人気のアジングロッド『コルト』新製品を実釣チェック

「コスパ抜群」と大人気のアジングロッド『コルト』新製品を実釣チェック

2021年はコルトシリーズに注目!コルトにプロトタイプ、UXと新製品が目白押しだ。今回はその中から上位モデルの「プロトタイプ」4モデルを実釣を踏まえ紹介する。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

大人気のアジング

アジングと聞くと、多くの方が「アンダー1gのジグヘッド、極細エステルライン、パッツン系のロッドでアジを掛ける釣り」と思い浮かべるのではないだろうか?

フロートリグやキャロ、スプリットショットと狙い方はいろいろあるが、アジングと言えばやはり「ジグ単リグを使いベイトをイミテートしたアクションでバイトを誘い、小さなアタリを確実に掛けアワせる」というのが王道だろう。ジグヘッドとワームさえあれば楽しめるコンパクトさも、魅力で、このトレンドはまだまだ続くと思われる。

そして、2021年に一新される(株)オリムピックのアジングロッド・コルトプロトタイプも、まずはジグ単リグをメインに見据えた4機種から、より繊細により高感度に生まれかわる。

「コスパ抜群」と大人気のアジングロッド『コルト』新製品を実釣チェックアジング人気はまだまだ続く(撮影:TSURINEWS関西編集部)

ジグ単とその魅力

ジグ単とは、「ジグヘッド単体」の省略形で、ジグヘッドにワームを刺したリグのことを指す。アジングでは一番基本の釣りで、アジングと聞いてまず最初にイメージされるのが、このジグ単リグであろう。

ジグヘッドは1g前後をメインに使い、ワームは1~2inchをできるだけまっすぐにジグヘッドのハリにセットする。リグに関してはこれだけで楽しめるうえ、非常にゲーム性が高く、奥が深いのも、アジングを近年最も注目されている釣りジャンルにならしめた所以だ。

さて、そんなジグ単リグの魅力は、先に書いた仕掛けのシンプルさやゲーム性の高さ、奥の深さもそうだが、なんといっても「仕掛けを操作し、アジに口を使わせて、繊細なアタリを掛けアワせる」ところにある。「釣れた」ではなく、「釣った」達成感は、ハリをダイレクトに操作できないほかのリグ以上のものがある。

「コスパ抜群」と大人気のアジングロッド『コルト』新製品を実釣チェックアジングの王道はジグ単リグ(撮影:TSURINEWS関西編集部)

そんな魅力あふれるジグ単ゲームを見据えたモデルとしてリリースされるのが、21コルト・プロトタイプだ。プロトタイプは同じく21年に刷新されるはコルトの上位機種にあたり、そろそろ道具のステップアップをと考えている18コルトやコルトUXでアジングに入門したアジンガーには特に注目のモデルとなっている。

コルトプロトタイプの特徴

2021年初夏にリリースされる「21コルト・プロトタイプ」は、進化し続けるアジングゲームに対応すべく「ナノアロイ」、「トルザイトリングガイド」、「T1100G」、「スーパークワトログラファイトクロスLV」といった最先端テクノロジーを余すところなく導入することで、さらに進化を遂げている。

「コスパ抜群」と大人気のアジングロッド『コルト』新製品を実釣チェック21GCORPS-552UL-HS(提供:(株)オリムピック)

まず注目したいのがその軽さ。「軽さ=感度」という概念のもとブランクからガイド、グリップパーツにいたるまで、すべてにおいて徹底的に軽量化を施し、最軽量モデルでは驚異の50gアンダーを実現している。

また、全モデル、ティップセクションには対応シチュエーション別にソリッドの外径・硬さ・長さを設定し、高い反響感度と潮流の変化などの水中の情報を捉える感知能力、リグのポジションを常に把握しながらアクションさせられる高い操作性を併せ持っている。

「コスパ抜群」と大人気のアジングロッド『コルト』新製品を実釣チェック軽量化されたグリップ周り(提供:(株)オリムピック)

ラインナップ4種

では4機種それぞれの特徴を紹介する。

21GCORPS-552UL-HS

シリーズ中最もマイルドなフィネス系ロッド。リグの操作性や感度を損なうことなく、よりスムーズに深く曲がり込むアクションバランスに設定。指先から直接ラインを手繰っている感覚に陥るほどの感度を有し、アジの微かなバイトはもちろん、潮の重さの変化まで明確に把握できるほど。ショートロッドのメリットを最大限生かしつつ、バットのツッパリによるブレイクを無くした新しい感覚のコルトプロトになっている。

21GCORPS-602L-HS

シリーズの中核をなすジグ単特化モデル。ピンと張ったピアノ線のような感度と徹底的に軽量、小型化したグリップデザインを持つ、まさに21コルトプロトを代表する一本。アクションはパリッとしたチューブラーにやや深く曲がる極細ソリッドを継いだ王道のパッツン系。使えば使うほどロッドと感覚がリンクする楽しさを味わえる一本。

「コスパ抜群」と大人気のアジングロッド『コルト』新製品を実釣チェックコルト・プロトタイプ602L-HS(撮影:TSURINEWS関西編集部)

21GCORPS-642UL-HS

64というオールマイティーなレングスに、ULアクションのしなやかさを持ったロッド。しっかりと追従するティップセクションにより軽量なリグをストレスなく扱えるのと同時に、ライトキャロからメタルジグ、プラグまで一本でカバーできる優等生的モデル。日本全国あらゆるフィールドでマッチする絶妙なアクションに仕上げられている。

21GCORPS-672L-HS

足場の高いポイントや磯などでもリグの操作感を失うことなく攻められるストリームモデル。ジグ単はもちろん、ライトなフロートの釣りにも対応。とっさの握り込みもしっかり支える細身のIPSリールシート採用。大型のターゲットに対してもトレカRT1100Gの粘り+スーパークワトログラファイトクロスLVの剛性が相乗的に働き、余計に走らせることなく魚を浮かせることができる。

次のページで淡路島での実釣の模様をお届け

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。