陸っぱり泳がせ釣りで63cmワラサ サビキではアジ好調【千葉・乙浜港】

陸っぱり泳がせ釣りで63cmワラサ サビキではアジ好調【千葉・乙浜港】

12月下旬、南房の乙浜港でヒラメが釣れているとのことで、泳がせ釣りで狙ってみた。ヒラメは空振りに終わったが、良型ワラサの顔を見ることができた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

乙浜港で泳がせ釣り

12月下旬、南房の乙浜港でヒラメが釣れているようなので釣友と出かけてみた。7時前に着くと多くの人が竿を出している。

陸っぱり泳がせ釣りで63cmワラサ サビキではアジ好調【千葉・乙浜港】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大熊規男)

空いていた場所で準備をしていると隣の人が「アジならいくらでも釣れるよ」と教えてくれた。急いでサビキ仕掛けをセットして投入、すぐにウキが引かれ釣れた。

投げる必要はなく足元で食ってくる。サバも多くて水面を群れで泳ぎ回ってアジより先にサビキに掛かる。これをよけてアジを狙うが、コマセがなくてもヒットするほど。すぐに10尾以上を確保したので泳がせの仕掛けを用意する。

63cmワラサ登場

釣友はウキ仕掛けにアジを背掛けにして投げ込んだ。私はブッコミ仕掛けで挑戦。仕掛けを作っているとき、対岸で大きなヒラメがヒットすると「タモに入らない」と近くの人が騒いでいる。

同時に先に泳がせていた釣友から「来たっ」の声。見ると竿が大きくしなっている。仕掛けを作る手を休めてタモを準備してやりとりを注視。なかなかの手応えがあるのが見ていてもわかる。やがて魚が見えてきた。「青物だ」。

タモに収めて引き上げて魚体を近くで確認するとワラサ。検寸すると63cmあった。

陸っぱり泳がせ釣りで63cmワラサ サビキではアジ好調【千葉・乙浜港】釣り友にワラサ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大熊規男)

それを見て仕掛けを作り直して泳がせ再開。40号のオモリを先に遠投してミチイトにスナップ付きサルカンのついたハリスを引っ掛けて送り込む方法。これだと仕掛けが流されにくい。あとは魚が掛かるのを待つだけだ。

ウキフカセではサバの猛攻

ひまなのでウキフカセ釣りを開始。しかし、サバが多くて釣りにならない。1時間ほどやって諦める。アジの食いも悪くなり、周囲で釣れているのはサバばかり。釣友はウキが流されるので仕掛けを回収しては投げ直している。

13時をすぎると私たちから20mほど左でアジが釣れだした。かなり遠くに投げると釣れるようだ。私も遠投してみたがサバしか釣れない。エサにするには十分の数があったので、アジ釣りはやめて泳がせに専念するがアタリのないまま16時に終了。狙いのヒラメは釣れなかったが、釣友にワラサが釣れて気分よく帰路に就いた。

なお、乙浜港では車両の立ち入りや駐車が制限されている場所がある。事前に最新情報をしっかり確認してから出かてもらいたい。

<週刊つりニュース関東版 APC・大熊規男/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
乙浜港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年1月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。