泳がせ釣りで『ブリ族』ツ抜け達成 船中ヒラメも登場【愛知・昭徳丸】

泳がせ釣りで『ブリ族』ツ抜け達成 船中ヒラメも登場【愛知・昭徳丸】

12月後半、愛知県・南知多町師崎港の昭徳丸へ泳がせ釣りで釣行。確変タイムにはハマチが5連発となった釣行をレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

昭徳丸で泳がせ釣り

12月後半、愛知県・南知多町師崎港の昭徳丸へ泳がせ釣りで釣行した。抽選の結果、釣り座は左舷の最前部で、好きな釣り座で期待が高まる。

当日はワラサやハマチなどの青物と、ヒラメを同時に狙う泳がせ釣り。サオはシマノの海明30‐210で、今シーズンは座布団級のヒラメも釣り上げたお気に入りの万能ザオで、大物に備えて仕掛けはハリス8号80cm、オーナーばりの鰯ヒラメ17号の先にトリプルのアシストフックを結んだ自作の胴つき、オモリは船中統一で70号。少し太い仕掛けだが、これならワラサも楽々取り込むことができるはずだ。

ポイントは伊良湖沖

午前7時に釣り人10人を乗せて第6昭徳丸が出港して、ポイントは伊良湖沖。30分程度で神島北側60mのポイントへ到着して、元気なイワシをハリに付けて投入だ。

冬はイワシをつかむ手がぬれるとかなり冷たくなるので、手を素早くタオルで拭くことが大切。さもないと風で手から熱が奪われて大変つらいので、タオルと手袋の替えを多めに持参しよう。

しばらくすると、ヒラメと思われるアタリが出て、食い込むかと思いきや空振りで、回収したイワシにはかまれた跡。その後はアタリが出ずに我慢の釣り。水深に合わせて丁寧に底から1mをトレースするのみだ。

確変タイムでハマチ5連発!

午前9時すぎ、底を取り直した直後にアタリが出て、緩んだミチイトを素早くリールで巻き取ると、サオ先がググッと引き込まれた。青物確定のサインで、沖スロでいうとハイビスカスが点灯した感じだ(笑)。

そこからなんと入れ食いタイムに突入して、短時間だったが、着底すると即アタリが出る確変へ。50cm以内のハマチを5連続でゲットだ。

しかし、その後は波が高くなり、雪まで降るという結構つらい状況になった。ミヨシの釣り座は上下の揺れが大きくて船酔い度65%。逆噴射だけは避けたい。
アタリがさっぱりなくなったので、試しに電動リールでゆっくり上げてくると40mで青物のアタリがあったが、回収中にバラしてしまった。

65cmワラサが快引

その後、午前10時30分ごろまでヒラメとハマチを同時に狙うも無反応だったが、何となくオモリを底に着けると超久しぶりのアタリ。素早くイトフケを取り、電動リールのアクセルオンだ。

ところが、今回は重さが違って電動リールがうなりを上げるものの、ラインが全然巻き取れない。強い引き込みでサオが海面に突き刺さるが、全身を使って耐える。ハリスが8号なので、耐えることができるはずだ。頼むぞ、自作仕掛け!

サオを持ち上げることができたら、ミチイトを緩めないように、サオを下げながらラインを巻き取るのを繰り返す。やっとのことで海面に現れたのはワラサ級だ。

タモ入れしてもらってから計測すると、65cmという納得サイズ。新調したクーラーボックスがついに役立った(笑)

ブリ族10匹の釣果に

その後、2時間で同型のワラサ1匹とハマチ3匹を追加して納竿時刻となったが、波と寒さと船酔いに耐えながらの長い戦いだった。

当日の釣果はワラサ65cm2匹、ハマチ50cm頭8匹という充実したもの。船中ではヒラメを3匹上げた人もいたが、私はゲットできなかった。次回は集中的に狙いたい。

泳がせ釣りで『ブリ族』ツ抜け達成 船中ヒラメも登場【愛知・昭徳丸】満足の釣果となった(提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

これからは気温も下がり厳しい環境での釣りとなるが、これほどの感動を味わうことができるのなら、再びチャレンジする価値ありだ。

まだ未経験の人も、防寒対策を万全にして出かけてみよう!釣りたてのハマチでしゃぶしゃぶなんて、冬の食卓にぴったりですよ。

<週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
昭徳丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年1月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。