相模湾『ヤリイカ』が近場で好釣果 徹底的なボトム狙いを【一俊丸】

相模湾『ヤリイカ』が近場で好釣果 徹底的なボトム狙いを【一俊丸】

12月20日、茅ケ崎港の一俊丸から出船し、ヤリイカを狙ってみた。行程20分程度の近場で安定した釣果が出ているようで、釣況をお伝えできればと思う。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り イカ釣り

一俊丸でヤリイカ釣り

今回は、茅ケ崎港の一俊丸さんにお世話になった。偶然であったが、この日はヤマシタのフィールドテスターの方の教室が開かれることになっていたようで、同乗して色々教わることができた。

7時出船からのポイント到着、早速実釣開始であるが、派手な乗りはない。私はなんとか1杯乗せることができたが、この日はそもそもヤリイカの模様がなかなか捉えられないようであった。

船中でもポツポツと上がってはいるようであるが、派手な乗りはないため、船長は早々に移動を決断した。

城ヶ島西沖で2杯掛け

移動後の1流し目で早速着ノリ、2杯掛けで上がってきたが、最初のポイントよりもサイズが小さく、アタリを取るのもなかなか難しい。

相模湾『ヤリイカ』が近場で好釣果 徹底的なボトム狙いを【一俊丸】2杯掛けも(提供:WEBライター・古谷健太)

また、乗りが浅いのかゲソだけで上がってくることも数回あった。

相模湾『ヤリイカ』が近場で好釣果 徹底的なボトム狙いを【一俊丸】ゲソのみ……(提供:WEBライター・古谷健太)

その後、このポイントでもアタリが遠のき、船長は最初のポイントに戻ることを決断。

最大5点掛けも

朝一のポイントに戻り、1流し目でいきなりの着乗り。しかもシャクリ上げてみると勢いよくグングンと竿先をしならせてくる。上げてみると、1杯ではあったが先ほどのポイントとは異なり、40cmくらいの良型ヤリイカがついていた。

その後も、良い流しでは着乗りが続き、最大で5点掛けで上がってくることもあった。他の方では最大で6杯掛けという方もおり、この日一番の盛り上がりを見せた。港の近場のポイントで上がるヤリイカは小型なものが少なく、全て良型であった。おかげでアタリもわかりやすく、まるで魚がかかったかのような引きを見せてくれる。

しかし、やはり全体としてはヤリイカの姿が少ないようで、派手な乗りが何回も続くという感じにはならなかった。

釣果12杯で竿頭

最終的に、私は竿頭を頂いたが12杯という結果であまり振るわなかった。あとで調べたところ、この日の他のヤリイカ船もかなり苦戦気味だったようで、12杯はまだいい方であった。

相模湾『ヤリイカ』が近場で好釣果 徹底的なボトム狙いを【一俊丸】最終釣果(提供:WEBライター・古谷健太)

次のページで「テスターさんに聞いた攻略法」を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。