陸っぱりライトゲーマー的『防寒三種の神器』 肌着にお金をかけよう

陸っぱりライトゲーマー的『防寒三種の神器』 肌着にお金をかけよう

冬の釣りは寒さとの戦いでもある。防寒については各アングラーが考え考えやっていることと思うが、筆者は3つのポイントだと思っている。あまり重ね着せずに要所を守ることで寒さをバチッと遮られる。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

着膨れしない防寒を

防寒で一番簡単なのがフィルパワーの高いダウンジャケットを着てしまうことだが、ダウンジャケットは着膨れして動きを妨げる。分厚いものを着ると単純に肌までの距離が増えて寒さが通りにくくなるのだが、そうなると全身の感覚がおぼつかなくなって思わぬところに服をひっかけて転倒したりする。

真冬の釣りの防寒では、着膨れせずに、合理的に温めることも大事なのだ。

必須の3つのアイテム

以下必須アイテムを3つ紹介する。

ネックウォーマー

真冬に釣りをしていてどこが寒いかといって、基本的な防寒をしている限り首である。だからネックウォーマーを買って口元まで覆う。これだけで体感は相当下がる。ときに風があるときには必須だ。

ちなみに、どうでもいいような話だが、今はマスクの時代で、たまにマスクを外して外を歩いていると、寒いな、と思うことがないだろうか?やはり顔を温めるのって大事なんだな。

ニット帽

釣り場ではほとんどの人が被っているように思うが、ニット帽子は必須だ。ニット帽は摩擦を起こしてくれて、ヘッドライトを滑りにくくする効果もある。ただキャスティングのときにハリをひっかけてしまいやすい場所にもなるので、そこはわかっておきたい。

陸っぱりライトゲーマー的『防寒三種の神器』 肌着にお金をかけようニット帽とネックウォーマー(提供:TSURINEWSライター井上海生)

1万円台の肌着

ここが今回の大事なところだ。

肌着は1万円台のものをおすすめする。筆者は「もちはだ」という光電子で熱を蓄えるものを使用しているが、これはもうすばらしく温かい上伸縮性に優れるのでごわつきがほとんどない。この上にワークマンのジャケットだけで真冬までいける。風があるときにはインナーダウンを着用すればいい。

陸っぱりライトゲーマー的『防寒三種の神器』 肌着にお金をかけよう温かい光電子もちはだ肌着(提供:TSURINEWSライター井上海生)

下穿きにも同様のシリーズ「もちはだ」がある。光電子はアウトドア社のN社が有名だがファッションブランドでもあるのでお値段がかなり張る。餅は餅屋というべきか、価格面でも品質面でも専用メーカーに頼るのがよさそうだ。

ちなみに多くの人のインナーになっているU社のあれだが、釣りには推奨できない。あれは熱や汗によって温めるという理屈のもので、あまり動きがない冬の釣りでは下手をすると普通の綿素材のものより意味をなさない。それどころか汗で冷えてしまうことがある。

次のページで「1万円台の下着」の実際を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。