今さら聞けない陸っぱりライトゲームのキホン:2タイプのタモ使い分け術

今さら聞けない陸っぱりライトゲームのキホン:2タイプのタモ使い分け術

海のアングラーにとって必須のタモ。筆者は大きく2タイプを使い分けている。今回はそんなタイプ別のタモ選択法と使い方を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

タモの洗い方

使用したタモは、必ず納竿後に洗おう。その日のうちに洗ってしまえば、魚のニオイは残らない。チヌ、シーバス、ボラ辺りが結構強烈なイメージだが、青物もすごい。ちなみに私の周りにいる青物が食べられない人は、みんな「ニオイがだめ」なのだそうだ。

タモの洗い方は簡単で、ナイロン製でもラバー製でも、中性洗剤を泡立ててシャワーでジャーでOKだ。私の場合、釣行後に身体と一緒に、シャンプーやボディーソープでそのまま洗ってしまうことも多い。

車の中でタモが触れていた箇所には、消臭剤を振った方がいいだろう。釣り人の車は、おそらく、自分では気がつかないうちに魚臭くなっていると思う。

最後に、タモは釣りに必須だが、携行には結構な危険を伴う。ここの安全性はわりと、メーカーの品質によるところがある。タモは一般的によく知られたメーカー品を購入すべきだろう。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。