落とし込み釣りで6kg級ヒラマサ&メーター級サワラ【山口・英光】

落とし込み釣りで6kg級ヒラマサ&メーター級サワラ【山口・英光】

11月26日、山口県下関漁港の英光に乗船して、蓋井島沖へ落とし込み釣行。船中でヒラマサやサワラなどの大物が連発した模様をレポート。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

英光で落とし込み釣り

11月26日、山口県下関漁港の英光に乗船して、蓋井島沖へ落とし込み釣行。

当日は急きょ釣行が決まったこともあり、午前6時に3人で出船。曇天で気温は低かったものの、風はなく絶好の予報。約1時間でポイントに到着した。

水深は65~70m。40m付近からベイトの反応があるということで、その辺りからサミングを入れながらゆっくり仕掛けを落としていくと、早速サオ先に魚信。そのままサミングを続けながら落とし込んでいくと、一気にサオ先をひったくるようなアタリ。アワせるとなかなかの重量感。60m付近で掛けたものの、10mくらい走られ根に持っていこうとする。これ以上ラインを出されないようにスプールを押さえサオの弾力で耐える。

慎重にやり取りし、無事ランディングしたのは85cm、5kgの良型ヒラマサ。

落とし込み釣りで6kg級ヒラマサ&メーター級サワラ【山口・英光】丸々としたヒラマサをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

メータークラスのサワラ登場

直後に右舷で釣りをしていた城野さんもメータークラスの大型サワラを釣り上げ、なかなかのスタート。

落とし込み釣りで6kg級ヒラマサ&メーター級サワラ【山口・英光】サワラの型も良い(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

しかしその後、ベイトのウルメイワシは付くものの、大型魚からの反応が少なくお土産代わりにウルメイワシやアジをキープする事態に。船長も苦労しながらポイント移動を繰り返す。

潮が動いていないのか、城野さんに大型アカヤガラや巨大なエソがヒットするものの、本命と言える魚からの魚信がない。

ヒラマサやサワラ高活性

しばらくすると潮が動きだしたのか、ヒラゴやサワラの姿も見え始めた。

左舷トモの乗船者には2~3kgクラスのヒラゴが連発、右舷トモで釣りをしていた船長にも良型ヒラメ、城野さんも6kgクラスのヒラマサと魚の活性も上がってきたようだが、私はサワラに仕掛けを切られたり掛かってもバラしたりと釣果が伸びない。

落とし込み釣りで6kg級ヒラマサ&メーター級サワラ【山口・英光】城野さんは良型ヒラマサもキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

強烈な引きの正体は?

焦る気持ちを抑えながら続けていると、底付近で一気に食い込んだ。反射的にアワセを入れると、これまでに感じたことのない重量感!「これはデカイ!」と確信し、電動リールをフルスロットルで底を切る。10mほど浮かせたところで反撃開始。また底まで一気に走る。なんとかスプールを押さえて走りを止め、再び10m巻くもまた一気に走り出す。

同様のやり取りを繰り返していると、何度目かの走りでついにラインブレイク。そこそこサイズの青物かアラだったのではないかと思うが、久々に心臓バクバクのやり取りだった。

次のページで最終釣果発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。