【伊勢湾2020】冬の『青物ジギング』入門 船宿探し・タックル・釣り方

【伊勢湾2020】冬の『青物ジギング』入門 船宿探し・タックル・釣り方

冬の伊勢湾で下がる気温と反比例して熱くなる青物ジギング。バットからロッドが曲がり、リールのスプールからラインが勢いよく吐き出される…。今回はそんな伊勢湾の青物ジギングを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

伊勢湾ジギングのターゲット

伊勢湾で狙える青物はいわゆるブリ族。60cmまでのハマチ、80cmまでのワラサ、80cm以上のブリがターゲットとなる。今年は60cm弱の小ワラサ~大ハマチという微妙なサイズが多く、お手ごろ食べごろなヤツが目立っているようだ。もちろん90cm8kgを超える立派なブリと呼べるサイズも上がっている。

【伊勢湾2020】冬の『青物ジギング』入門 船宿探し・タックル・釣り方中部エリアではハマチ・ワラサ・ブリの順に出世(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

毎年のように高水温が話題になっているが、今年も例にもれず伊勢湾周辺の水温は例年よりも高めで推移している。だが、それでも青物たちの釣況は決して悪くはなく、伊良湖沖~鳥羽沖まで広範囲で好釣果が上がっているようだ。

これからはブリクラスが増えてくると思われ、伊勢湾では数年前に南知多大井出船のWING(篠島船籍)で上がった16kgというモンスターが記憶に新しい。こんなモンスターはともかく、一年で最もジギングで青物を手にしやすい、熱いシーズンになることは間違いないだろう。

乗船の流れ

まずは初心者の方に向けて、乗船の流れを紹介しよう。

船を探す

まずは週刊つりニュース紙面のオフショア釣況欄やWEBサイト「釣楽」などで、伊勢湾のジギング船を探してみよう。出船するエリアによって乗船料金はほぼ統一されている。南知多や三河、渥美半島から出ている伊勢湾ルアー船連合だと、通常ジギングだと1万円。鳥羽だと1万1千円から1万2千円ぐらいだ。

船の予約

まず行きたい船が決まったら電話。釣行したい日を告げ、予約が空いているかどうか確認。空いていれば釣行人数を必ず告げておく。そしてこのときに最近よく釣れているジグやそのカラー、重さ、アクションなども聞いておこう。

【伊勢湾2020】冬の『青物ジギング』入門 船宿探し・タックル・釣り方冬の伊勢湾口ではこんな釣果もザラ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

釣行前日

そして釣行前日、午後7時すぎに出船できるかどうか確認の電話をする。7時の予報で出船可否を決める船長が多いので、あまり早い時間にかけるのは避けよう。そして出船場所と時間の確認、また氷の有無なども聞いておきたい。

そして就寝は早めに。寝不足は船酔いの原因になるし、行き帰りの運転にも支障をきたす。船に弱いと自覚している人は就寝前に酔い止めを服用し、乗船前にもう一度服用しておけば万全だ。

次のページはタックル&ジグについて解説!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。