【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。指6本級以上ドラゴンタチウオが続々顔出し。ほか良型イサキやマダイも好調。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:みくに丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

海人丸

11月30日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は島原沖にタイラバ、テンヤのマダイ釣りで出船。良型のマダイ多く交え好ヒットした。連日数も順調に釣れ、今後も好土産が期待できる。タチウオはサイズが上向いてきており、指幅5~6本サイズが多く釣れクーラー満タン釣果も。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機良型に笑顔(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機

共栄丸

11月26日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、有明海にタチウオ釣りで出船した。指幅6本サイズが増えてきており、良型多くクーラー満タンの好土産となった。マダイ釣りでは、2kg超えの良型を交え、数釣れている。大型のヒラメもヒットし、好土産となった。今後も多彩な魚種が狙え、楽しみだ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機6本サイズ手中(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

Soyamaru(そうやまる)

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

11月26日、大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruが大分沖のタチウオ釣りに初心者を含め出船すると、アタリがあってもなかなか掛からない状況。タチウオの繊細なアタリに苦戦したものの、ドラゴン&神龍をバッチリ仕留めていい土産を確保できたようだ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機ドラゴンキャッチ(提供:第一Soyamaru)

第三Soyamaru

11月26日、大分県杵築・納屋港の第三Soyamaruが大分沖のタチウオ釣りにチャーター便で出船すると、狙い通りドラゴン&神龍が順調にヒット。最大サイズは幅12.5cmもあったとのこと。また、同船は今月からタチウオテンビン便の予約受け付け開始。船長は「スロー巻きや誘いなど、テンヤ便とはまた違った面白さがあります。テンヤ便とテンビン便の混船はしませんので、予約時にどちらかお伝え下さい」とのこと。詳細はホームページで確認を。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機タチウオ大型手中(提供:第三Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機

照陽

11月29日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖のタチウオ釣りに出船すると、この日はやや活性が低かったものの、船中では最大で指8本の神龍サイズや指6~7本のドラゴン級も上がり盛り上がったようだ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機指8本ゲット(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

第八神幸丸

11月29日、大分県佐賀関・上浦港の、第八神幸丸が大分沖の五目釣りに出船。釣れるイサキはいずれもジャンボサイズが目立ち、中には2kgの大型も交え1人10~15尾をキープ。ほかにも大ダイ5~6kgやブリ~ハマチなどが上がって好土産ができている。また、同船はタチウオテンヤ釣りにも出船中で指7~9本のドラゴン級が順調にヒット中とのこと。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機大型イサキ連掛け(提供:第八神幸丸)
▼この釣り船について
第八神幸丸
出船場所:上浦港

みくに丸

11月29日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が大分沖のタチウオ釣りに出船すると、大型のドラゴン級が乗船者により釣り上げられた。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指幅6本以上「ドラゴン」タチウオ好機タチウオ一刀両断(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。