初冬の投げ釣りでキス8匹 河口&波止をリレーして良型快引【和歌山】

初冬の投げ釣りでキス8匹 河口&波止をリレーして良型快引【和歌山】

季節外れの陽気となった11月18日に、和歌山の有田川尻右岸と、初島漁港に釣行してみた。夏のイメージの強いキスだが、21cmを頭8匹をキープできた当日の模様をお届けしよう。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 投釣り

有田川河口でキス釣り

11月に入り、和歌山県・中紀の落ちギス狙いは終盤戦に入ってきた。海水温が下がってきて釣りにくくなっているが、暖かい日が続けば数釣りも期待できそうだ。

海水温が低下気味なので、太陽の日差しで海水温が上昇してくる日中を狙おうと思い、有田川尻右岸の石積みの突堤には午前9時に到着。朝から快晴で、すでに気温が上がってきている。風もなく、絶好の釣り日和だ。潮は、満潮から下げに入っていた。

ここでは、夏のハイシーズンに、キスの数釣りが楽しめる。遠浅で、根掛かりのない砂底なので、20cmまでの中~小型が多いポイントだ。突堤の先端に釣り座をとり、タックルをセットする。15号の遊動KAISO天秤に、キスバリ8号の2本バリ仕掛けをセット。エサのイシゴカイをハリいっぱいに付け、70m沖に投入。仕掛けが着底後、ゆっくりと引き釣りをする。

初冬の投げ釣りでキス8匹 河口&波止をリレーして良型快引【和歌山】有田川河口の釣り場風景(提供:WEBライター・谷口墨人)

浅場で小型のキス

沖合いではアタリがなかったが、5mほど沖合いの手前の浅場で、ブルッとキスのアタリがきた。巻きアワセの要領でリールを巻き、寄せにかかるが、手応えはなく、ハリ掛かりしなかった。エサをつけなおして投入し、引き釣りをすると、また、手前の浅場で、ブルッとアタリがあるが、素バリ。次投でようやくキャッチするが、10cmほどの小型キスなのでリリース。

初冬の投げ釣りでキス8匹 河口&波止をリレーして良型快引【和歌山】手前は10cmそこそこのリリースサイズ(提供:WEBライター・谷口墨人)

しばらく投入を繰り返すが、沖合いではアタリがなく、手前の浅場にキスが寄っている。それならばと、チョイ投げで投入。すると案の定アタリは多くなったが、キスの活性は低く、アタリがあってもなかなかハリ掛かりしなかった。

バラシも多かったが、2時間ほどで、14cmまでのキスを4匹キープし、ダメージのないキスはリリース。サイズが伸びないので、移動することにした。

▼この釣り場について
有田川河口

次のページで初島漁港へ移動!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。