ティップランでアオリイカ狙い 船中では1kg超も【渡船屋たにぐち】

ティップランでアオリイカ狙い 船中では1kg超も【渡船屋たにぐち】

11月15日、三重・南伊勢町宿浦の渡船屋たにぐちからアオリイカを狙ってティップランで釣行してきた。1kg超の良型も顔出しした釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

渡船屋たにぐちでティップラン

今シーズン、五ケ所湾のアオリイカはなかなか手ごわい様子。事前に当日乗船する宿浦の渡船屋たにぐちの谷口船長から「ジギング、タイラバもOK」との連絡があったものの、やはり良型アオリイカを狙いたいと思い、この日もティップラン一本勝負でチャレンジしてきた。

ティップランでアオリイカ狙い 船中では1kg超も【渡船屋たにぐち】エギはダートマックスTR(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

当日のタックル

前回は湾内のポイントからスタートしたが、この日は沖のポイントからスタート。当日のタックルはのロッドがEGTR―X・S610ML-solidにリールはルビアスLT3000C、ラインはエメラルダスDURAセンサーX8の0.5号、リーダーはシーガーグランドマックス2号1.5ヒロ、エギはダートマックスTR30gにシンカー20gプラスして第1投だ。

ティップランでアオリイカ狙い 船中では1kg超も【渡船屋たにぐち】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

同船者に1kg超アオリイカ

この日は波が少しあり、風もいい感じに当たっており期待ができそうだ。いかにも釣れそうな速度で、いい感じに船が流れていく。

潮止まりと重なったこともあり、朝一はなかなか反応がなかったが、まずは同行の滝口さんにアオリイカがヒット。大きくサオが曲がり、いきなりの良型アオリイカが登場した。計測してみると1kg超えの1.08kg。やはりヒットすればサイズが期待できそうだ!

ティップランでアオリイカ狙い 船中では1kg超も【渡船屋たにぐち】滝口さん朝イチにいきなり1.08kgの良型(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

エギをローテするも

次のポイントで今度は阿部さんにヒット。しかしやり取りの途中で残念ながらバラシ。これもかなりサイズが良さそうであったのが悔やまれる。私のサオにはなかなか反応がないので、エギをローテーションし、誘いの回数を変えながら探っていくが、なかなかアタリが出ない。

ここで岩嶋さんにもアオリイカがヒットするも、やはり後が続かない。気がつけばいつの間にか時間は10時を過ぎてしまった。

ティップランでアオリイカ狙い 船中では1kg超も【渡船屋たにぐち】岩嶋さんもまずまずサイズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

ディープで新子アオリ

少し風が弱まってきたことから、水深50m超のディープへ移動。良型アオリイカを狙う。すると着底から6回誘ってステイしたところで、大きく穂先が入りこの日初ヒット。良型かと思いきや、重量感がなくあっさりネットインしたのは、新子サイズのアオリイカだ。取りあえずひとつ釣れてひと安心したが、なぜか大幅なサイズダウン。

気を取り直して再投入すると、すぐにティップが戻って2匹目がヒット。しかしこれも全く重量感がない。先ほどと変わらない秋イカサイズのアオリイカだった。

ティップランでアオリイカ狙い 船中では1kg超も【渡船屋たにぐち】筆者は秋イカサイズ…(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

次のページで今後の展望を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。