盛期の落とし込み釣りでヒラマサ&ブリ連発 バラシ対策とは?【山口】

盛期の落とし込み釣りでヒラマサ&ブリ連発 バラシ対策とは?【山口】

11月中旬、山口・蓋井島沖で落とし込み釣りでヒラマサ&ブリが連発!ただ、痛恨のバラシも連発…。その原因も含めて、釣行をレポート。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山本高史)

山本高史

響灘を中心にホットな情報をお送りして、皆様の釣りライフに少しでも、お役に立ちたいと思っております。これからは、自分がやった事の無い釣りにも挑戦していこうと思います。よろしくお願いします。

×閉じる

船釣り エサ釣り

英光で落とし込み釣り

朝5時半に釣り仲間の高林さん、藤原さんと待ち合わせ場所にて集合し、港に向かいながら今日の釣行や過去の釣行について話をする。集合場所から出船場所まで5分とかからない距離の中、頭の中では色々とシミュレーションをしていく。ところで、今日は波が高い予報と風が強い予報みたいだけど大丈夫か?

盛期の落とし込み釣りでヒラマサ&ブリ連発 バラシ対策とは?【山口】夜明けの下関漁港(提供:WEBライター・山本高史)

6時前に下関漁港発の本日お世話になる遊魚船・英光さん(大木船長)に到着し、道具を各自の車から下ろしていると船長が到着。今日は波が高い予報なので、明るくなってから出船しましょうとのこと。

船長からの注意事項があり。氷などを積み込み、空が少し明るくなる、午前6時20分に出船。落とし込み釣りのポイントを目指して、船が走る。

ポイントに到着

港から1時間かからないぐらいでポイントに到着。予報とは違い波も1m弱ぐらいの状況で、風も穏やかに吹いている。波も白波が立たない程度。ここのポイントは、水深も70m弱の場所で、魚探にベイトのいい反応がくる。

盛期の落とし込み釣りでヒラマサ&ブリ連発 バラシ対策とは?【山口】釣り場の風景(提供:WEBライター・山本高史)

釣り座は、オモテの右舷が私で、左舷は藤原さん、トモの左舷に高林さんが座った。大木船長も、「いい反応出てるから、まず一発目は、ここでやろう」とのこと。各自位置に付き、仕掛けの準備を速やかに行い、船長からの指示で落とし込む。

落とし込み釣りのタックル

ここで、各自のタックルを紹介する。

私は、ロッドがアルファタックルのデックスティック222MPG、リールはフォースマスター3000MK、ラインはPEライン6号、リーダーはフロロカーボン20号を直結、仕掛けは市販の落とし込み専用仕掛け、ハリス18号で、オモリ100号で初戦を行ってみた。後に24号までハリスをあげる事になる。

他、藤原さんは、ロッドはがダイワのゴウイン、リールはフォースマスター2000、仕掛けは市販の落とし込み専用仕掛け、ハリス16号を使用、オモリは、80号を使う。高林さんは、ロッドがダイワ マッドバイパー、リールがビーストマスター3000、仕掛けは自作で、ハリス16号とのこと。オモリは、80号。オモリは海中状況により80号だったり100号だったりするので、2種類のオモリを準備していた。

いきなり70cm超ヒラマサ

ベイト付きは、最高の状態。早速、仕掛けを底に落とす。

ここで各自の作戦は、次の通り。ベイト付きを確認したら底まで落とし、私は1.3mほど底を切った状態で、一方釣り仲間の高林さん、藤原さんは、50cmほど仕掛けを底から切った状態で待った。

私が仕掛けを落とし、底を切って待っていたところ、背中合わせに釣っていた藤原さんを振り返ると、サオが弧を描くように曲がっていた。リールの巻き取りレバーの強弱を駆使して海中にいる魚とやり取りし、本日の1匹目が上がった。70オーバーのヒラマサだった。

メーターオーバー登場

時間が経つにつれ海の状況が非常によくなり、魚探にはいい反応が出るようになる。私も70cmオーバーのヒラマサを2匹とって、藤原さんもここまで、80cmオーバーまでを4匹とっている。高林さんは、3匹ヒラマサが連発している。

盛期の落とし込み釣りでヒラマサ&ブリ連発 バラシ対策とは?【山口】メーター超もヒット(提供:WEBライター・山本高史)

そして、トモの左舷で釣っていた高林さんに凄いアタリ。サオ先が海中に引きずり込まれそうなアタリだったが、リールの巻き上げレバーに強弱を付け(魚が引かない時があるので、その時に一気にレバーを最大にする)、後10mまで寄せてきた。その後は、なんとか逃げようと魚に強烈に頭を振られたが、高林さんも大事にやり取りをしていく。そして遂に姿を見せた魚は、1mオーバーのヒラマサだった。

バラシの原因&対策

しかし、実のところヒラマサの数は、もっと釣れていてもおかしくない状況だった。各自、連発のバラシが発生し、確実にとれる数を減らしてしまったのだ。

バラシの原因としては、リールのドラグを絞りすぎたり、ハリスの号数が低くて途中で切れてしまったりしたためである。もちろん、私の修行が足りなかったこともあるが…。バラシがなければ、3人で、後10匹は、堅かっただろう。悔しい!

連発のバラシは釣果に影響する。大木船長いわく、「下でバラシが発生してしまうと、ベイトと本命の群れを連れて行ってしまうので、絶対にバラシてはいけない」。また、「バラしてほしくないけど、同じバラシなら上まで持ってきて、バラしてほしい」とのことだった。

バラシをなくす方法としては、やはりサオとリールの特性を熟知することに鍵があるようだ。今後の課題になりそうだ。

次のページでは最終釣果&今後の展望を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。