沖釣り初挑戦の彼女と『船釣りデート』 相模湾イナダラッシュに大興奮

沖釣り初挑戦の彼女と『船釣りデート』 相模湾イナダラッシュに大興奮

相模湾では、例年10月頃からイナダが釣れるようになる。ライトウィリー船で狙う事が多いが今年は絶好調。11月9日、沖釣り初挑戦の彼女を連れて大磯港与宗丸に乗り込んだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井航)

Wataru_Nagai

初めまして、永井航です。現在は静岡市を中心にショアジキングをはじめとする様々な釣りを行っています。楽しい釣りライフを一緒に送りましょう!

×閉じる

船釣り エサ釣り

相模湾で船釣りデート

11月9日、沖釣り初挑戦の彼女と大磯港与宗丸に乗り込んだ。

釣具はレンタル可能

今回は私の電動リールが故障中ということもあり、2人とも手巻きの貸し竿でのチャレンジだ。狙う水深は40m程度のため、手巻きでも十分に対応可能だろう。

むしろ、手軽に青物のパワーを味わえるイナダが相手のため、手巻きタックルをオススメしたい。手巻きタックルならば、多くの船宿が無料でレンタルを行っているので初心者にはありがたい。

基本の釣り方

いわゆるコマセ釣りとなるため、仕掛けもそこまで難しいものではない。カゴやオモリは船宿によって指定があることも多いため、釣行する前に船宿に要確認。今回使用した仕掛けは5号2m2本針のイナダ仕掛け。2m2本針なら長すぎて扱いにくいということもないため、初心者女子も安心だ。付けエサはスーパーやコンビニに売っているイカそうめんを塩で締めたものだ。

その他にウィリー仕掛けや落とし込みサビキもタックルケースに置いておくと様々なパターンに対応しやすいだろう。ちなみに撒きエサはアミコマセだ。

釣り方は指示棚の範囲で竿をシャクり、竿を下げつつ持ち上げた分だけ巻く。というウィリーと同じものだ。イナダなどの青物は動くものへの反応が良いため、ハイテンポでこれを行うと良いだろう。はじめは慣れないかもしれないが今は絶好調。棚があえば多少ぎこちない誘いでも充分に本命をキャッチできるはずだ。

ライジャケ等も船舶装備のを借りれば問題ない。今回は小柄な彼女が船舶装備のライジャケは動きにくそうなので、私が普段使う自動膨張式のを彼女に貸し、私が船舶装備のものを着用した。

沖釣り初挑戦の彼女と『船釣りデート』 相模湾イナダラッシュに大興奮船上の様子(提供:WEBライター・永井航)

1投目から本命

釣り場への航程は日によって異なるが、10~20分程度という短い距離に加え、陸が近いため沖釣り初挑戦の人も安心しやすいだろう。

当日もわずかな時間で釣り場に到着。ポイントは相模川河口沖だ。東側には江ノ島近くまでの広大な範囲に船が浮いており、イナダの群れの巨大さが伺える。指示棚は下から10m以内。まずは彼女のフォロー。誘いへのぎこちなさはあるが、とりあえず基本的な竿の使い方は問題ないようだ。

彼女の様子を見つつ、大丈夫と判断してから釣り開始。まずはコマセを撒いて魚を集めたい所と考えていたが、1投目でヒット。グイグイと引き込むパワーを楽しみながらまずは本命をキャッチ。45cm程のアベレージサイズだ!

沖釣り初挑戦の彼女と『船釣りデート』 相模湾イナダラッシュに大興奮本命のイナダ(提供:WEBライター・永井航)

次のページで彼女にグッドサイズのイナダが!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。