初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略

初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略

入門者にとって、敷居が高そうに見える「カットウ釣り」。しかし、そんな不安を解消してくれる新発想の仕掛けがオーナーばりから発売。今回は伊勢湾のカットウ釣りの紹介と、この仕掛けを用いた実釣をレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

パターンつかみヒガンフグ連釣

さて、朝の時合いでカワハギを連発し、ヒガンフグもキャッチした今永さん。

初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略パターンをつかんで本命を連釣(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

このあと、岩礁底の背景とのコントラストで目立たせるべく、オモリのカラーを蛍光ピンクに変更。さらに、アピールの強い蛍光イエローも投入し、攻めの姿勢でフグを寄せていく作戦に出た。

初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略オモリの色を変えるのも作戦(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

これが奏功し、再びカワハギをゲットしたあと、食べごろサイズのヒガンフグが立て続けにヒット。序盤は空アワセでのヒットが多かったが、アタリもしっかり出るようになり、気配を察知しては掛けていく理想的なゲーム展開となった。

カワハギの好引堪能

一方、ヒガンフグのポイントにはカワハギも多い。カットウでも狙えるが、胴つき仕掛けでおちょぼ口に掛けていく面白さはこの釣りならではだ。

初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略カワハギも続けてゲット(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

船の各所ではポツポツとカワハギが上がっていたので、取材班の私も今永さんに仕掛けをもらい、ウタセエビのエサを付けて投入する。底スレスレを狙うとブルルッと特有のアタリ。狙い通りカワハギをゲットできた。

初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略胴つき仕掛けでもカワハギを御用(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

カワハギ仕掛けの特徴

このとき使用したのが、オーナーばり「ツインカワハギ」と「MOVEツインカワハギ」仕掛け。ともに2対ひと組の枝スが2組、計4本のハリが付いた特徴的な仕掛けで、エダス長5mmとごく短いのでアタリを取りやすく、絡むことがない。

初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略ツインカワハギシリーズ(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

前者は枝スどうしの間隔も15cmと狭い範囲に集中しているので、エサをかすめ取る相手に対し、4度も掛けるチャンスがもらえるわけだから心強い。

初心者でも扱いやすいハイブリッド『カットウ仕掛け』で伊勢湾フグ攻略枝スの間隔を調節できる(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

また、後者は上のエダスの位置を動かせるので、枝間を長・短自在に調節できる。カワハギのタナにバラつきがあるときに使うと効果的だ。

次のページで今後の「フグ予報」は?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。