今さら聞けないメバリングのキホン:釣り場タイプ別『ドラグ設定』方法

今さら聞けないメバリングのキホン:釣り場タイプ別『ドラグ設定』方法

魚とのやり取りでドラグを駆使する釣りは数多くある。実はメバリングもその一つ。今回はポイントの状況別に、ドラグの調整加減を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバリングで重要な「ドラグ」

メバリングでドラグの設定を怠ると、ちょっと大変なことになる。魚をバラすだけならまだいいが、ストラクチャーに擦ってラインが高切れしたり、暴れられて場荒れしたり、根に潜られてロストしたり…。

そこで今回は、釣り場の状況に合わせたドラグ設定について考えてみよう。

消波ブロック帯

消波ブロックに乗って横にトレースするメバリングでは、ドラグの設定は強めが良い。ロッドだけに仕事を任せると、「乗せ」まではうまくやるが、そこから先の勝負で負けることがある。というのも、消波ブロックはメバルの、いわば「ホーム」だ。瞬時に潜られる。

今さら聞けないメバリングのキホン:釣り場タイプ別『ドラグ設定』方法消波ブロック帯ではドラグは強め(提供:WEBライター・井上海生)

そこで、ドラグで根に潜る動きを封じる。フルロックから、少し緩めたくらいがちょうど良いだろうか。少々強引な勝負で決める。もちろん、リーダーは長めにとっておこう。

ストラクチャーがない場合

静穏な波止でメバリングする場合は、ドラグは「緩め」で良い。乗せ重視でいく。というのも、波止は釣りやすい分、連日アングラーが入り、メバルがスレている。つまりハイプレッシャーだ。個体数は確実に多くても、特に常夜下ではその傾向が顕著だ。ショートバイトを乗せきれないことが多い。

今さら聞けないメバリングのキホン:釣り場タイプ別『ドラグ設定』方法障害物のない波止では基本「緩め」(提供:WEBライター・井上海生)

それをドラグで補う。緩めに設定しておけば、とりあえず乗せることはできる。ただ、漁船の陰などを狙う場合は、暴れられると厄介なので、少々強めにドラグを入れ直す。ただ、基本はやはり「緩め」だ。アジンガーに言うならば、アジングよりは「やや強め」。テトラ帯のメバルアングラーに言うならば、「かなり弱め」でいく。

えぐれなどの波止形状

波止でも、内側がえぐれたようになっているポイントがある。これもまたメバルの「ホーム」だ。ただ、やはり人的プレッシャーにより、概して波止のメバルはスレがちなので、本当は緩めにしたい気持ちを持ちながら、魚を負かすために「やや強め」というような設定でいく。

ただ、このドラグ設定だと、やはりスレたメバルを乗せきれないという問題が出てくる。ショートバイト対応がドラグでできない。だが、打開術はある。それは、ジグヘッド選定だ。アジング用のオープンゲイブタイプのフックを使用する。ハリ先がやや開いたオープンゲイブは、「バイト=自動乗せ」になりやすいので、スレメバルにも持ってこいだ。

今さら聞けないメバリングのキホン:釣り場タイプ別『ドラグ設定』方法オープンゲイブタイプのフック(提供:WEBライター・井上海生)

注意点は、そのハリ掛かりの良さゆえに、岸壁やストラクチャーにも引っ掛けてしまいがちなこと。きわどいコースを引く時は、注意しよう。

オープンウォーター

前に投げてメバルを狙う時、筆者はドラグを「緩め」に設定している。というのもオープンウォーターのメバルは、どういう理屈で食ってくるか分からない。底に地形変化が入っていて、その上に定位している場合もあるし、気泡下のプランクトンパターンもある。

そのどちらにも対応できるのは、基本、「緩め」の設定だ。いずれにせよ表層に浮いている魚なので、シャローでない限り、早めに勝負を決める必要もない。

次のページで「ビッグゲスト対策」を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。