リバーシーバスゲームで本命連発 60cm級予想外ゲストとは?【天竜川】

リバーシーバスゲームで本命連発 60cm級予想外ゲストとは?【天竜川】

10月26日、午後から初めて訪れる天竜川河口域にある支流でシーバスを狙い、小型を中心に連発!さらに、ラストには想定していないゲストまで…。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・池田光希)

池田光希

静岡県浜松市住みの釣り人です。ナマズ、雷魚、リバーシーバス、サーフなどルアーフィッシングが好きです。メインフィールドは浜名湖、遠州灘サーフです。よろしくお願いします

×閉じる

ソルトルアー ショア

天竜川支流でシーバス

季節はすっかり秋になり、半袖で過ごすには肌寒くなってきました。秋はシーバスの一番釣れやすいベストシーズンと言われており、特に河口では、ボラ、アユ、コノシロを求めて大型のシーバスが集まるようになります。

10月26日、正午から日没後までの半日、シーバスを釣りに行ってきました。

当日は静岡県を流れる一級河川、天竜川河口の付近の支流で釣りをしました。天竜川は10月1日から11月15日までの間、禁漁期間となっているため天竜川では釣りができません。そこで今回は、許可がおりている支流での釣りとなります。

リバーシーバスゲームで本命連発 60cm級予想外ゲストとは?【天竜川】当日の釣り場周辺風景(提供:WEBライター・池田光希)

使用タックルはロッドがKGエボリューションKGS-862L、リールがレブロス4000、道糸がPEライン8本編み1号、ショックリーダー25Lbです。天竜川の河口付近では、ランカーサイズや大きいものはメーターオーバーも上がるため、タックルの規模も少し大きめ対応にしてあります。

ベイトはボラ

ポイントに到着すると、そこらじゅうでボラが飛び跳ねていました。この日の天気は晴天、風は無風です。飛び跳ねているボラのサイズは10cmほどもいれば30cmは超えている大きい個体もいます。最初はボラを意識してサイレントアサシン129s(ボラカラー)を使用し、なるべくベイトに合わせ攻めていくことにしました。

リバーシーバスゲームで本命連発 60cm級予想外ゲストとは?【天竜川】ボラが頻繁に跳ねている(提供:WEBライター・池田光希)

ボラが群れているポイントにルアーを投げ、ボラの下をゆっくり通してくるイメージで巻いてきます。数投同じことを繰り返します。途中、ボラにぶつかっているのかシーバスがルアーのボディにアタックしているのかは分かりませんが、ルアーに反応が出始めました。さらに20分ほど続けますが同じ状況が続くだけで進歩がありません。

ルアーサイズダウンで17連打

「もしかしたらここにいるシーバスが小さいのかもしれない」と思い、ここでルアーをサルベージ60mm(クリアカラー)にチェンジしました。するといきなりヒット。釣れたのは20cmほどの小さいシーバス。さっきからこんなに小さいサイズがアタックしてきていたので、なかなかフッキングしなかったようです。その後もサルベージ60mmがハマり、同様に20cmほどのシーバスを合計17匹釣り上げることができました。

リバーシーバスゲームで本命連発 60cm級予想外ゲストとは?【天竜川】小型シーバスが連発(提供:WEBライター・池田光希)

日没が近くなってきて、小さいシーバスにも楽しませてもらったところでターゲットをもっと大きいサイズ狙いに向けてサイレントアサシン129F(レッドヘッド)にルアーチェンジです。

夜になり気温が少し下がって少し肌寒くなってきました。なかなかヒットがこない中、粘っていると、急にバイトがあり強烈な引きがきました。ドラグを調整し、リールを巻きながら水中を見ると、街灯に照らされ銀色に光る魚体を確認できました。サイズもかなり大きいです。

だいぶ近くなったところで急なエラ洗い、「ヤバい」と思った時にはもう遅く、あと少しのところで取り逃してしまいました。

次のページで予想外の大型ゲスト登場

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。