サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違い

サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違い

色んな釣りで「マッチザベイト」という単語はよく聞く。実は、サビキ釣りの釣果にもマッチザベイトが関係している。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・出月慎也)

出月慎也

固定概念にとらわれない釣り方を探すことが趣味です!なぜ釣れるのか、なぜ釣れないのか原因をこれからも探っていきます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

サビキ釣りもマッチザベイトはある

サビキ釣りにもマッチザベイトはあると言える。まきエサに選んだアミエビに魚が集まっているということは、そのアミエビに似せるほど釣りやすくなるということだ。エサを冷凍アミエビにして、サビキ仕掛けにはピンクスキンを使ってみよう。別の魚が集まってきたけど食いが悪い。

では、ハリのサイズを大きくしてケイムラ加工の仕掛けにしてみよう。このような試行錯誤をしてみると、気付いた時には周りの釣り人よりも釣果が倍になっていることも少なくはない。

【体験談】イワシが大量にいるのに釣れない?

とある漁港でまきエサをするとイワシが大量に集まってきた。すぐに仕掛けを入れるがハリには掛からない。ハリのサイズを小さくすると何投かに1匹ずつは釣れ始めたが、入れ食いになると予想していたためこんな経験は初めてだった。

その日は保存しやすいタイプのまきエサを使っていたため、翌日に冷凍アミエビで再チャレンジしてみると、前日よりも明らかに釣果は伸びた。仕掛けもピンクスキンでカラーを統一した。イワシにとって冷凍アミエビが魅力的なエサであり、小さいハリとカラーがさらに違和感を抑えたと考えられる。やはりサビキの釣果の差にはマッチザベイトが関係していることは間違いないだろう。

サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違いまきエサにサビキをあわせて違和感なく食わそう(提供:WEBライター・出月慎也)

<出月慎也/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。