サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違い

サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違い

色んな釣りで「マッチザベイト」という単語はよく聞く。実は、サビキ釣りの釣果にもマッチザベイトが関係している。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・出月慎也)

出月慎也

固定概念にとらわれない釣り方を探すことが趣味です!なぜ釣れるのか、なぜ釣れないのか原因をこれからも探っていきます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

サビキ釣りにマッチザベイトは必要?

サビキ釣りにマッチザベイトが関係するのか判断が付きにくい状況もある。また、サビキ仕掛けにも「ピンクスキン」、「ハゲ皮」などの種類があるため、これらが釣果に影響するのか比較する必要もある。

活性が高い場合

アジやイワシなどの回遊魚は、本格的なシーズンになると魚影もかなり濃くなる。冷凍アミエビ以外に「アミ姫」などの保存がしやすいまきエサでも簡単に釣れてしまうため、マッチザベイトの判断をする以前の問題にもなる。

しかし、活性が高いから何をしても釣れるとは限らない。ハリだけを垂らして周りにまきエサをまいても、魚が食いつくことはほとんどない。サビキ仕掛けがなくなった場合、ハリにワームを付けてみるだけで釣れるようになる。以前、ハリにワームを細かくカットした仕掛けで試してみたが、特に市販のピンクスキンと大差がないほど簡単に釣ることができた。

サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違い活性が高くてもハリだけでは食わない(提供:WEBライター・出月慎也)

安いサビキ仕掛けは釣れない?

サビキ仕掛けの定番は「ピンクスキン」だが、他にも「ハゲ皮」や「ケイムラ加工」など意外と種類も多い。安いサビキ仕掛けでは造りが雑な物もあるが、1セット50円のサビキ仕掛けだから釣れないとは限らない。

サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違い安いサビキ仕掛けでも問題ない(提供:WEBライター・出月慎也)

このサイズのサバを1日釣り続けても、特に仕掛けが使えなくなることもなかった。サビキ仕掛けは使い捨てと思われがちだが、海水をしっかり拭き取り丁寧に保存することで次回にも同じサビキ仕掛けを利用することもできる。

まきエサは何がオススメ?

サビキ釣りにおけるマッチザベイト 「安い仕掛けは釣れない」は間違いオキアミ入りのまきエサを愛用(提供:WEBライター・出月慎也)

サビキ釣りのまきエサは、主に「冷凍のアミエビ」や「保存のしやすいタイプ」で分けられる。私はさらにオキアミとのミックスタイプをチョイスする。理由はまさに「マッチザベイト」だ。

時間帯によって、型のいい魚種が回ってくることがある。その時にサイズの大きいエサがあると、ハリのサイズを大きくした時でも違和感を抑えることができる。生タイプのオキアミを用意しておくと、さらに食いもよくハリからも外れにくい。

ハリのサイズは関係する?

サビキと言っても釣りやすい魚種と釣りにくい魚種がいる。かなり数も集まっているのにハリに掛からないことがある。こんな時にはハリのサイズを小さくするだけで入れ食いになることがある。これも違和感を抑えたことでマッチザベイトに近くなったと予想できる。仕掛けに魚がアタる頻度が多くなった経験のある方も少なくないだろう。

また、釣れやすい魚種の場合でもハリのサイズが違う場合、食らいついても口にハリが掛かりづらいことも多い。釣り上げたけど魚が下に落ちた。こんな時にはハリのサイズが合っていないことも少なくはない。

次のページでマッチザベイトのまとめ!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。