【東京湾2020】テンヤスミイカ釣りがシーズン開幕 初心者入門解説

【東京湾2020】テンヤスミイカ釣りがシーズン開幕 初心者入門解説

「シャコ」をエサに使ったテンヤ釣りで根強いファンも多い東京湾の「スミイカ」。今回は釣り方の基本を紹介しよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

東京湾スミイカ釣りのタックル

竿は専用の2.1~2.4m。特徴的な9対1ほどの極先調子。最近は1.8m前後の短めの竿を好む人も。リールはPEライン2号を200m巻ける両軸がベスト。

【東京湾2020】テンヤスミイカ釣りがシーズン開幕 初心者入門解説タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ミチイトはあまり細いと投げるときにイト噛みやバックラッシュ、高切れなどトラブルが起こりやすい。シャクリの力がしっかり加わり、イカの乗りを感知できるちょうどいい太さがPEライン2号という意見が多い。先端にフロロカーボンライン4~5号をリーダーとして結ぶ。

テンヤ仕掛け

テンヤのオモリ部分は白、夜光やオレンジに塗られている。カラーは好みだが、船宿でレンタルできることが多い。また、テンヤの上にスッテや小型のエギを付けることもある。

【東京湾2020】テンヤスミイカ釣りがシーズン開幕 初心者入門解説テンヤとシャコ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

エサ&スッテ

冷凍でも、エサ付けの基本は同じ。”シャコパンチ”は貝殻を割るほど強いので、装餌前にハサミでカマを切り落とすか、そのまま付ける場合は十分に注意しよう。固定に使用する輪ゴムは、人によって違うが透明のものや色をテンヤに合わせていることが多い。

また、イカに興味を引かせる意味でも、スッテを併せて使用したい。カラーは数種あったほうがいい。潮が速いときは、抵抗を受けるので、底が取りづらい場合は外したほうがいい。

次のページで『釣り方』を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。