【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上

福岡県からオフショアルアーの最新釣果情報が入った。ジギングで11kgの「デカマサ」が浮上!タイラバはマダイ爆釣中。2日間で276尾の驚愕の釣果も。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:光生丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海遊丸

玄界灘で好調なマダイを狙って福岡市西区姪浜の能古島渡船場から海遊丸で10月1日に釣行した藤沢さん(写真)はタイラバでマダイを満喫。朝イチの潮弱い間はレンコダイ連発、潮変わりでマダイが食い始めて大型5.8kg頭に良型から小ダイ連発して58尾。タカバ、アオナ、ボッコ、レンコダイで大型クーラーは満タンに。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上良型マダイ満喫(提供:海遊丸)
▼この釣り船について
海遊丸
出船場所:姪浜能古島渡船場

EBISUYA

10月5日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、響灘に「510カップタイラバ大会」の協力艇として出船した。写真の堀さんは、1投目から良型のボッコをキャッチ。その後、大ダイとわかる強引を制し、5kgクラスを釣り上げた。これが決め手となり、堀さんは見事優勝。船中、良型マダイ多数にタカバなども釣れて賑わった。ティップランエギングも出船中。良型が期待大だ。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上5kg級好ファイト(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA
出船場所:大里港

Elephant

10月4日、北九州市・小倉港のElephantがタイラバ・SLJで響灘に出船。この日は一日通して怒とうのラッシュとなり、船中マダイは71cm頭に60cm超えを10尾含め圧巻の139尾。船長は「凄い数のマダイをリリースしました」と話す。また、3日もマダイ72cmを頭に137尾をキャッチ。なんとわずか2日間で276尾を釣り上げている。驚愕の釣果が続いているので、釣行するなら今が大チャンス。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上マダイ数圧巻(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

祐龍丸

9月28~10月4日、北九州市戸畑港・祐龍丸は夜焚きイカ釣りに出船。1人15~40尾と日によりムラはあるものの、ほとんどがブドウイカで良型ぞろいの釣果が続いている。これからも大型交えた好土産が楽しみだ。最新釣果や詳細はFacebookへ。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上夜イカ連掛け(提供:祐龍丸)
▼この釣り船について:祐龍丸
【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上

光生丸

10月3日、北九州市若松区・北湊の光生丸がジギング・スロージギング・ライトジギング・タイラバで響灘に出船。青物をターゲットとして釣りを展開すると、ヤズが数釣れ30尾以上もリリース。そんな中、ビッグサイズのヒラマサ11kgが浮上し船中は大盛り上がり。ほかにもハガツオ5尾、ヒラゴ、特大アコウ、アラ、アカハタなども交え好土産ができている。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギングで11kg『デカマサ』浮上ヒラマサ11kg浮上(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。