ジギングでブリ族好調 電動リールに当たらないワケは?【鳴門・愛海】

ジギングでブリ族好調 電動リールに当たらないワケは?【鳴門・愛海】

10月4日、徳島・鳴門海峡へタチウオ&青物狙いで出かけた。メジロやハマチの反応がよかったが、なぜか電動ジギングに食わない事態に…。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

鳴門海峡でジギング&テンヤ 

10月4日に、徳島・鳴門の釣り船「愛海」の森船長へタチウオ釣りの予約をしていた。しかし釣行前日、船長に電話をすると、「ハマチが釣れて絶好調。タチウオの調子は上がってない」とのこと。

釣れる魚を釣るのが阿波釣法の考え方なのだが、乗合船なので、狙う魚はどちらでもいいから…と、両方の道具の準備をした。

ジギングでブリ族好調 電動リールに当たらないワケは?【鳴門・愛海】当日の船上(提供:WEBライター・濱堀秀規)

このパターンの唯一の欠点は、タチウオテンヤの竿や仕掛け、エサと、落とし込みの竿や仕掛けの両方を準備しなくてはならないので、持って行く道具の量が多くなることである。とは言っても、愛海の乗り場までは自宅から10分ほどだし、担いで運ぶわけでもなく、車に積み込みので大した負担ではない。気持ちの問題が大きいだけである。

ハマチやメジロは好調

当日、海上で「まずはハマチから始めましょう」と船長からのマイク放送があった。そこで私は、電動タックルでのジギングを試した。「電動ジギング」と言うのかな。私の考え方は、手で巻くよりも、電動で巻くのが楽だし、これなら、長い時間釣りを楽しむことができると思ったからである。

同船の手巻きの人は、ハマチや若ブリ(メジロ)を釣り上げていく。兵庫県から来たしょうた君も、もう4匹くらい釣り上げている。私を除く他の乗船者が全員釣り上げると船長が「あとは浜ちゃんだけ、頑張って」とマイクで放送する。他の方々は、苦笑している。

手巻きジギングでハマチ手中

「おいおい、釣れてないのは、私だけかい」と、そのうち釣れたらいいのに…と、ジグを何種類もローテーションしながら落とし込んで、電動で巻き上げていった。

水面にはハマチやメジロが跳ねている。周りの船もヒットの連続で、竿を曲げている人が数多くいる。それなのに、私にはアタリがない。しびれを切らして、ライトジギングロッドでの手巻きで誘った。

すると、一発でジグに反応があった。これは途中でハリ外れ。しかしその後すぐに、ジグに乗った。明らかにハマチである。抜いてぶり上げようと考えていると、隣の若者がササッとタモをかまえて、一発ですくってくれた。ありがとう。

なぜか電動リールで食わない

なぜ手巻きジギングなら食うのに、電動リールで誘うと食ってこないんだろうか?分からない。周りの船も電動で釣っている人が見える。しかし、どうも食っている姿は見当たらない。竿を曲げてやり取りしているのは、手巻きの釣り人ばかりだ。

「振動を嫌っているのか?いやいや、シャクリか?巻き上げの速度か?」と自問自動して、またしても電動ジギングを試したがアタリがない。

すると、船長から「タチウオやってみますか?」との放送。すまんのう、皆に釣果があるまで待っててくれたんかい。

タチウオは沈黙

タチウオポイントでは、私はテンヤ仕掛け。同船者の中にはジギングの人もいる。しかし、全く反応がない。私は、竿を置いて休憩である。魚探にはたくさん写っているらしい。森船長と話をすると「真っ赤に写っているんですが、タチウオが口を使わないですね」という。

「ほんまに、それタチウオ?」と確認すると、「そう間違いないです」と答えが返ってきた。しばらくポイントを移動しながら、他の皆はタチウオを狙ったが釣れない。

ジギングでブリ族好調 電動リールに当たらないワケは?【鳴門・愛海】タチウオ釣りになると船上は静かに(提供:WEBライター・濱堀秀規)

次のページで『高級魚サワラ』がヒット!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。