ライトゲームにおける『替えスプール』の重要性 無ければ強制終了も?

ライトゲームにおける『替えスプール』の重要性 無ければ強制終了も?

ライトゲームにリールの「替えスプール」はマストと言える。今回は釣果を左右する、替えスプールの重要性について紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

2種類のラインを使う

筆者の場合、最近、ライトゲームに頻用しているのは2000番クラスのスピニングリールだ。これに、エステルライン0.3号を巻いて、主にアジングに使用し、替えスプールにPEライン0.3号を巻いて、ライトブリームや大型メバリングに使用している。

ライトゲームにおける『替えスプール』の重要性 無ければ強制終了も?エステルとPEラインを巻いたスプール(提供:WEBライター・井上海生)

アジングにこだわる人は、エステルラインを号数別に2つ巻いていくのも良いだろう。

しかし私としては、その場の雰囲気を見て、多魚種を釣り分けられるようにエステルラインとPEラインを巻いている。エステルライン0.3号も、アジングでは標準~比較的太い部類に入るが、これは、筆者のメインフィールドである大阪南港におけるチヌ、シーバスといった大型ゲスト襲来に備えたもので、この号数ならエステルでもぎりぎり取りきれる。

強制終了を避ける

替えスプールが必要な理由は、魚種の釣り分け、また釣法の変化(アジングにおけるジグ単ではエステル、フロート釣法ではPEラインなど)、また大型ゲスト対応のためだが、何より大きな点としては、「ストップフィッシングを避けるため」だ。

スプールにキズが入ると、キャスト時に糸が引っ掛かったりして、最悪の場合切れる。また注意してうまく飛ばせたとしても、飛距離は格段に落ちる。

ライトゲームにおける『替えスプール』の重要性 無ければ強制終了も?スプールの傷に要注意(提供:WEBライター・井上海生)

ストラクチャーに少し擦っただけでも切れる極細ラインを使うライトゲームでは、スプールのキズは致命的だ。どれだけ注意して扱っていても、不慮の転倒、またはテトラ帯などでロッドを持つ手が雑になって、スプールを何かに打ち付けてしまうことがある。

そういう時にすぐに確認すべきは、スプールのキズだ。これが入っていなければ、一安心である。その他ボディ部分のキズなどは、あまり気にしない方がいいだろう。釣りをしていれば、いつかは入る小キズだ。そんなものには「悟り」を開いてさっさと無視し、「自分が使い込んできた証」と思うべきだろう。

替えスプールの価格

釣具店で取り寄せれば、替えスプールは大体どんなメーカーの品でも購入できる。エントリーモデルなら3000円程度。中級リールでも5000円程度あれば、メーカーの公式サポート品が購入できる。リールを二段階に活用できるのだから、これは良い投資だろう。ただ、ハイエンドモデルとなると、替えスプールの値段も相当お高いものになるようで…。

アジング、メバリング。ライトゲームはお手軽な釣りだ。特に剛性が必要とされるものではないので、エントリーモデルで十分だと思っている。キズが入っても、スプールを安い値段で買い替えられるのも良い。

次のページで『スプールの互換性』について紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。