ボート『かかり釣り』でブリ連発 イワシエサが的中【愛媛・はま渡船】

ボート『かかり釣り』でブリ連発 イワシエサが的中【愛媛・はま渡船】

愛媛・宇和海のボートかかり釣りでブリやハマチが好調。イワシをエサにハリス切れでのバラシも連発した釣行をレポートする。

愛媛県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

海釣り施設 イカダ&カセ

宇和海でかかり釣り

9月22日は、遊漁船からの落とし込み釣りの予定であったが、落とし込みは釣れてないということ。船長からの提案でボートからのかかり釣りに変更となった。

この判断が、「ウヒョウヒョの釣果」につながった。釣れている釣り場に出かけること。釣れている釣り方で釣ることが釣果につながると確認した釣行であった。

釣り船は宇和島新内港のはま渡船で、浜章吾船長である。宇和島新港から日振島まで渡船で渡り、日振島の岐路港で浜章吾船長が乗り換えた船外機の小型ボートに私たちも乗り換え、湾内のポイントまで移動する。湾内に設置されている養殖イケスにボートをかけさせてもらい、天然の魚を狙うのである。

当日の釣り方

同行の井上さんはボート釣りの常連である。シーズンになると週2回ほど日振島のボートかかり釣りに通う名人である。守破離と言う言葉があるが、最初は守である。この意味を釣りに当てはめると、釣果を上げるには、名人に習うのが一番である。

そこで、仕掛けは井上さんの言う通りに調整。電動リールの道糸は、PEライン2号、リーダーハリスは、8号以上と言うことなので、私は最初、8号を使用した。まきエサは、船長にお願いしてイワシの切り身をちょぼちょぼ少しずつ撒いてもらう。ハリにはイワシを刺して、指定のタナで誘う釣り方である。

秘策の釣りエサ

最初は、普通のイワシの切り身を使っていたがアタリがない。そこで。「ギュッとイワシ」に、旨〆ソルトを振りかけたものをハリに刺して放り込んだ。

ボート『かかり釣り』でブリ連発 イワシエサが的中【愛媛・はま渡船】秘策のエサ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

すると、いきなり結果が出た。大きく竿がしなり、魚の強い引きが手に伝わってくる。糸が出ていくので、ドラグを少し締めて対抗するが、それでも、一気に走りだし、結局、ブレイクで終わってしまった。

「デカかったわ、ふ~」。

今度は、ハリスを12号に太くして、ギュッとイワシを刺して放り込んだ。しばらくすると「来ました~」。竿が大きく曲がり、魚が突っ込む。それでも、今度は、電動リールが少しずつ巻いてきている。黄色い尻尾の魚体が見えて、船長が一発ですくってくれたのは、ブリ。

「やり~。うっひょ~。これでお土産できたわ」と喜ぶ私に「1匹で満足せんと、次釣ってよ」と発破がかかる。私はこれで満足なのだが、他の人は真剣なので、私も2匹目を狙うことにする。

ブリ族全員安打!

すると、井上さんの置き竿にブリが掛かり、難なく釣り上げた。今度は「小ぶりな若ブリ(ハマチサイズ)」である。すると、川田さんも次々釣りあげる。「川田先生写真いいですか」とお願いしても、魚のサイズに納得がいかない様子で「ええわ」とすぐクーラーに魚を放り込んで、写真のポーズをとってくれない。

三宅さんも同じである。何匹目かに三宅さんの竿の曲がりが、今までとは明らかに違う。うまく竿のしなりを利用して、ためながら取り込んだのはブリである。「三宅さん写真ええで~?」とお願いすると「ええよ」とポーズ。パチリ「今度は横に持って」、「重たい」と手からブリが船の上に落ちた。これで全員釣果ありなので、良かった良かった。

ボート『かかり釣り』でブリ連発 イワシエサが的中【愛媛・はま渡船】三宅さんにブリ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

その後も私は、バラシが6回ほどあったが、ブリサイズが2匹交じって満足である。何せ魚がデカい。途中からぎゅんぎゅん、プチンもあったが。これはサメかな。

井上さんはブリサイズ4匹とハマチサイス多数。川田さんもブリサイズ2匹とハマチサイズ多数。三宅さんはブリサイズは1匹であったが、マダイが交じり満足げであった。

次のページで『釣行の反省点』を振り返る

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。