五目ジギングでクロムツ中心にマトウダイなど多魚種釣果に【和歌山】

五目ジギングでクロムツ中心にマトウダイなど多魚種釣果に【和歌山】

和歌山・浦神に五目ジギングに出かけた。本命はシオだったが、その他の多彩ゲストが好調だった釣行の模様をレポートしよう。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・田中こうじ)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

浦神沖で五目ジギング

和歌山・浦神へ五目ジギング釣行に出かけた。

今回は、台風通過の荒れ後の荒食いを期待したが、前日に警報が出るほどの大雨。余裕を持って自宅を出発し深夜に浦神港に着くと、湾内は茶色をしている。熊野川の濁流の影響をもろに受けていた。

午前5時半に出船。私は、右舷トモに釣り座を構えた。湾内はやはり水潮。カフェオレ色をしている。少しでも水潮の影響がない沖に出て、100mラインからスタートした。

不安を覚えつつ、230gのシルバーグローのジグを茶色の海へ投下。船長からは、「岩礁帯なので根掛かりに注意」とアナウンス。ワンピッチジャークで様子をうかがう。右に流れていたラインがジャークすると真下に。ジグの引き抵抗もない。底潮は動いていない?

狙いはクロムツ

左のアングラーがアッと声を発すると、ロッドが伸びている。同時に左舷でヒットして、深海魚のヨロリが登場した。濁っているので、日が昇ってもこの水深にいるらしい。厄介者もいるが、この時間の本命はクロムツ。こいつも深海魚だが、まだこの水深でエサを求めているはず。

ヨロリアタックを避け、根掛かりをクリアするとクロムツが上がる。船中ポツリとクロムツが上がるが、私は根掛かりでラインブレイク。

すぐに200gのレッドスポットグローをセットしていたタックルを投下。ボトムを丁寧に探るが、バイトはない。ミヨシではポツポツとクロムツが上がる。ジャークやジグを観察すると、ジグにグローがない。水潮の濁りで、グロー必須で考えていたが違うのか。

クロムツが連発!

ジグを換装するかと考えていると、コツンとバイト。フッキングをしてグリグリ上げてくる。クロムツだと思ったが、小型のフサカサゴが登場。

ジグを赤金200gのグローなしに換装し、着底後ワンピッチでイトフケをとり、フォールさせると一発でアタリが出た。30cm級のクロムツをゲットだ。

五目ジギングでクロムツ中心にマトウダイなど多魚種釣果に【和歌山】クロムツはノーグローに(提供:WEBライター・田中こうじ)

潮上に戻って再スタートすると、小型クロムツゲット。サイズアップしたいが、そもそもバイトが遠のく。時合いが過ぎたのか、ジグがはまってないのか。

回収してジグ換装。同じ200gだが平べったく、もっと横を向いてフォールが遅いタイプだ。もちろんノーグロー。着底後に10mを速巻きし、再びボトムを取りに行くとココッと乗ってきた。軽くフッキングして巻き上げると本命クロムツ。パターンに入ったのか4連発したが、小型が多かった。

マトウダイ&チカメなど多魚種浮上

クロムツの時合いが終わると静かな時間。たまにバイトがあってサバやハチビキが上がる。ボトムをネチネチやっていると、モソッと乗ってきたのはマトウダイ。潮止めの使者だ。

船長は浅い方へランガンしていくが、80m以浅は気配がない。本来この水深でシオやハタが狙いたかったが、海況が悪すぎる。再び100mラインでランガン。活性のあるポイントでは一斉にロッドが曲がり、チカメキントキが上がった。

昼前、朝と比べると潮の色がずいぶんとましになった。何とかシオ、ハタが釣りたいと頑張る。中層はサバがいるので、小さいシルバーのジグを落とすと、フォールでサバがヒットする。

サバを避けるために色を変えるか、重くしてフォールを速くするか。悩んで後者を選択。あえて250gをブチ込んでみた。作戦成功でボトムが取れたが底にはアイツが…。

ガツンと当たってグイグイ引いたのはハチビキ。50cm超の丸太みたいなヤツでよく引いて面白い。味も悪くはないのでキープするが、2匹あったら十分とリリースを繰り返す。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。