【釣果レシピ】カマスの磯辺風フライ サクサク食べれて大漁時にオススメ

【釣果レシピ】カマスの磯辺風フライ サクサク食べれて大漁時にオススメ

陸っぱりから手軽に釣ることができる「カマス」。群れに当たってクーラーボックス満タンになったときは、ご飯が進む「磯辺風フライ」なんていかがでしょう?

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

その他 レシピ

</TSURINEWS・関東 関西 デジタル編集部>

カマスの釣り方

群れに当たると誰でも入れ食いが楽しめる、秋こそオススメの釣りターゲットが「カマス」。群れがいなくなるとパタッと釣れなくなることも多いので、時合いを逃さず、手返し良く釣ることが釣果を伸ばすコツです。

サビキやエサ釣りで簡単に釣ることができるほか、ルアーへの反応も良いため、初心者でも十分に楽しく狙えるでしょう。

【釣果レシピ】カマスの磯辺風フライ サクサク食べれて大漁時にオススメ秋の好ターゲット「カマス」(提供:WEBライター・杉本隼一)

カマスの食味

また、カマスの食味の良さも人気の理由。塩焼きやムニエルはもちろん、大型のカマスは炙ってお刺身にしても美味しく食べられます。身の水分量がやや多いので、干物にすると旨味がギュッと濃縮されて絶品です。

大きな群れが回遊して入れ食いになり、気がつけばクーラーボックス満タン…なんてこともあるカマス釣り。もし、釣りすぎてしまったら、フライで食べるのがオススメです。おかずにすれば、みるみるうちにご飯が進みます。食べやすくてクセのないカマスのフライは、大量消費にもぴったりです。

カマスの下処理

次に、料理の味を左右することもある「カマスの下処理」について紹介します。

釣り場での下処理

できれば血抜きをするのがベストですが、カマスは時合が短いので手返し良く釣るためにも「氷締め」がオススメです。氷焼けを防ぐためにもビニール袋などにカマスを入れて冷やすと良いでしょう。ウロコが剥がれやすい魚なので、直接入れるよりもクーラーボックスが汚れにくいメリットもあります。

自宅での下処理

家に帰ったら、水洗いしてウロコと頭、そして内臓を取り除きます。身が軟らかい魚なので、丁寧に扱うのがコツです。あとは3枚におろして、身の腹骨を取り除けば、骨を気にせずに食べられます。血合いの小骨は、揚げた時に軟らかくなって気にならないので、無理に取り除かなくても問題ありません。

【釣果レシピ】カマスの磯辺風フライ サクサク食べれて大漁時にオススメ下処理が完了したカマス(提供:WEBライター・杉本隼一)

次のページで磯辺風フライの作り方を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。