『オフシャロ』でメーターヒラマサ&68cm大ダイ浮上【SEVEN】

『オフシャロ』でメーターヒラマサ&68cm大ダイ浮上【SEVEN】

小倉港(北九州市)から出船しているSEVEN(セブン)の宮崎船長から「オフシャロ(オフショアシャローゲーム)するよ~」と声が掛かり、午前6時に出船した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

SEVENでオフシャロ

9月6日、中潮。小倉港(北九州市)から出船しているSEVEN(セブン)の宮崎船長から「近場でオフシャロするよ~」と声が掛かり、午前6時の出船になった。

最大級の警戒レベルで台風10号が九州近くにやって来たが”嵐の前の静けさ”とのことわざ通り、昼すぎまで波は穏やかな予想。

急な天候不良に備えて、出船して20分ぐらいの藍島周辺の水深20~25mがこの日のポイントに。魚探(魚群探知機)にはベイトが映っていて、なかなか良いみたい。

『オフシャロ』でメーターヒラマサ&68cm大ダイ浮上【SEVEN】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

スピニングタックルでジグ(マキエ60g)を広範囲にキャストして、早速探ってみる。しかし、私にはエソの猛攻。

早々にマダイ連発!

隣の同船者はベイトタックルで、マキエ60gをスローにシャクっていたらマダイの良型が連発。

『オフシャロ』でメーターヒラマサ&68cm大ダイ浮上【SEVEN】良型連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

宮崎船長も、お客さんが少なかったのでロッドを持ち、スピニングタックルでタイラー40gをキャスト。1投目からナイスなマダイ。やはり、さすがだ。

『オフシャロ』でメーターヒラマサ&68cm大ダイ浮上【SEVEN】1投目からナイスサイズ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

私も辛うじてマダイをゲット。そのうちアタリがなくなり、魚群に少しベイトが多く映るポイントに移動。

メーター超えヒラマサ急襲

いきなり遠投して早巻きしていたら、ガツンとヒット!ドラグが唸りを上げて、ラインが引き出されまくり。船長は魚の大きさを察してくれたのか、即座に船でフォローしてくれ、上がってきたのは1mオーバーのヒラマサ!計測すると8kg超のナイスサイズ。

『オフシャロ』でメーターヒラマサ&68cm大ダイ浮上【SEVEN】メーターオーバーのヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

うれしくて、膝に乗せて写真撮影してしまった。PEライン1.2号、リーダー5号だったので根ズレなど心配したが、運が良かったということで。

68cm大ダイ浮上

ヒラマサが釣れた後、潮が少し波のせいで浅いためか濁りが出てきたので、マキエのカラーをイエローから赤金にチェンジ。潮の濁りには赤金カラーの名の通り、いきなり私に60cmぐらいのマダイがきたと思ったら、連続して68cmもゲット。

『オフシャロ』でメーターヒラマサ&68cm大ダイ浮上【SEVEN】大ダイゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

こうなれば3連チャンを狙って、意気揚々でキャスト。リーリング中にガツン!本当に?ドラグが引き出され、思わず「デカい!」と声が出た。正体は、少しして引きから先ほどと同サイズのヒラマサだと確信。

しかし、また船長が即座にフォローを入れてくれたのだが、ラインがフッとなりブレイク。根ズレでリーダーがザラザラだった。残念。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。