シーズン終盤のトモ釣りで『良型アユ』の引きを満喫【兵庫・引原川】

シーズン終盤のトモ釣りで『良型アユ』の引きを満喫【兵庫・引原川】

9月12日、兵庫県の揖保川・引原川へトモアユ釣行。泳がせ釣りでシーズン終盤の良型アユ釣りを楽しんだ模様をレポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森 雨魚)

森雨魚

魅惑的な渓流魚や美しいアユとの出会い。そして、釣り人の一生懸命を皆さんにお伝えさえて頂きます。

×閉じる

淡水の釣り アユ釣り

引原川へトモアユ釣行

9月12日、兵庫県の揖保川・引原川中流域へトモ釣り釣行。親切モットーのオトリ店「蕾」に立ち寄ると、ジュニア兄弟が「おっちゃん!いらっしゃい!」と、声を掛けて迎えてくれます。とっても可愛いジュニアたちに「よしっ!頑張ってみるか。」と、気合を入れられて出陣

シーズン終盤のトモ釣りで『良型アユ』の引きを満喫【兵庫・引原川】オトリ店・蕾の店主と子供たち(提供:WEBライター・森雨魚)

当日のタックル

現地に到着すると、すでに上流部には5人の釣り人の姿が確認できます。早速、身支度を済ませ瀬尻の右岸のチャラ瀬から釣り下ってみることにしました。

なお、当日のタックルは以下の通り。

・サオ:サンテックField Master 裕輝 DRC 9m(4WAY)
・仕掛け:シマノ複合メタル・マグナム0.1号(完全仕掛け)
・ハリ:オーナークサビXSP7.0号(3本イカリ)、一角ハイパワー7.0号(3本イカリ)

早速20cmがヒット

本日のテーマは、「群れアユ同調の泳がせ釣り」。早速、扇状にオトリを送り込み、やや下流に立ち位置を移してチョンチョン・オバセをかけて逆上げすると、目印が一気に「ピューン!」と走り、今日の釣果を占うファースト・フィッシュがヒットします。

「さてっ!」と、抜き上げてタモに納めたアユは、20cmほど。これで30分は楽しめます。その後、すぐに2匹目がヒット!いい感じの出足となりました。

シーズン終盤のトモ釣りで『良型アユ』の引きを満喫【兵庫・引原川】釣り場風景(提供:WEBライター・森雨魚)

合流した師範とサオ出し

その時、私の師範であり、アユ釣り愛好会の「酔泳塾」の塩谷塾長が登場。本来ならオトリ缶管理の立場ですが、塾長の特別配慮で釣り決行!仲よく並んで釣り下ります。

私なりの「チョンチョン・オバセ & シェイク」の邪道テクニックで群れに同調させて、オトリアユの動きが止まった時にスパイラルを掛けると、その瞬間に即ヒット!

こののリズムで5匹を取り込むと、上流から釣り人が私の背後に移動し始め「下でサオ出させて下さい!」の挨拶コール。快く「どうぞ!」と、返事し気持ちよく釣りを続行します。

次のページで連発モードに突入!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。