終盤戦の渓流釣行 シンキングミノーで22cmアマゴ手中【奈良・旭川】

終盤戦の渓流釣行 シンキングミノーで22cmアマゴ手中【奈良・旭川】

2019年シーズン終盤に尺アマゴを仕留めた十津川支流旭川へ出かけた。高水位と濁りに悩まされたが22cmの本命をキャッチできた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

旭川でアマゴ狙い

9月に入り、渓流でアマゴを楽しめる期間も後わずかとなった。寂しい思いをされている渓流ファンも多いと思うが、私もその内の一人だ。少しでも残された時間を楽しもうと渓流へ足を運ぶことにした。

9月13日、雨の降る中、午前3時に自宅を出発、国道168号で奈良・十津川村へ向かった。今回は2019年のシーズン終盤に尺アマゴを仕留めた、十津川支流の旭川へ入り、良型のアマゴを手にできれば…という目論見だ。そこで、昨年と同じポイントから釣り上がることにした。車を止めたのは5時過ぎで、準備をしながら明るくなるのを待つことにした。

当日のタックル

今回のタックルはトラウトロッド4ft8inchにナイロンライン4lbを巻いたハイギアタイプのスピニングリール2000番をセット。最初に使用するルアーは川の状況を見てから選ぶことにした。

雨が降ったりやんだりする中、6時に入渓。想定していた程度の少し高めの水位だが、濁りが少しきつい。それでも釣りは楽しめそうなので、ルアーはシンキングミノー5cmをチョイス。視認性の高いピンクヤマメカラーを選んだ。

開始2時間で小アマゴ

早速、アマゴが付いていそうなポイントを、ていねいに探りながら釣り上がることにした。ピンクカラーにしていてもルアーが見にくく、当然チェイスの様子も見えないので、なかなか状況が分からない。この濁りは味方にはならず、アタリがない時間が長い間続く。

終盤戦の渓流釣行 シンキングミノーで22cmアマゴ手中【奈良・旭川】高水位で濁りも強い(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

開始2時間ほどが経った8時に、ようやく小さなアタリがあり、ヒットしたのは13cmの小さなアマゴだった。小さいが、何とか反応があり少しホッとする。

終盤戦の渓流釣行 シンキングミノーで22cmアマゴ手中【奈良・旭川】小さくてもアマゴヒットに一安心(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

20cmウグイ登場

しかし、昨年と同様の尺アマゴを手にする「予定」なので、少し弱気になっている。そんな中、少し釣り上がった淵でアタリがあり、やや力強い引きで無事に手にしたのは20cmほどのウグイだ。

終盤戦の渓流釣行 シンキングミノーで22cmアマゴ手中【奈良・旭川】ウグイでも嬉しいヒット(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

アマゴではないが、少し嬉しい1尾だ。釣り上がるのも川底が分かりにくくなり、慎重に進んで行くと、昨年尺アマゴを手にしたポイントが出てきた。

尺アマゴの実績場

水位が上がって濁りがあるので状況が随分違うが、ていねいに探ってみることにした。反応はなく、ルアーをヘビーシンキングミノーにして深く探るも、反応はなくこのポイントは諦めることにした。

この頃になると、雨は上がったが、さらに濁りが増したようにも見え、かなり焦ってしまう。さらに釣り上がると、時折晴れ間も出てきた。そして小さな谷筋からの合流があったが、濁りの原因はこの谷筋のようで、ここから上流はやや笹濁り程度で状況が一変した。

ルアーをアカキンにして仕切り直しだ。少しすると緩いカーブで外側が岩盤になっている、雰囲気の良いポイントがあったので、手前からアップキャストで岩盤の際にルアーをアプローチ。アクションを入れて巻いてくると久々のチェイスを確認。

きれいなアマゴ22cm

次のキャストはさらに奥へアプローチして巻いてくるのと、ほぼ同時にヒット。力強い引きに興奮しながら無事に手にしたのは22cmのきれいなアマゴだ。

終盤戦の渓流釣行 シンキングミノーで22cmアマゴ手中【奈良・旭川】ようやくヒットした良型アマゴ(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

時計を見ると正午近いが、雰囲気的に水質が良くなったことで活性が上がったのでは…と推測。お腹が減るものの、もう少し釣り上がってみることにした。

これが良かったようで、この後も何度かチェイスがあり15cmクラスのアマゴが2尾ヒットしたところで、昼も過ぎてお腹も減り、足腰も疲れたので川から上がり帰ることにした。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。