波止ライトゲームで珍客三昧 アナゴ&カワハギとまさかの対面【須磨】

波止ライトゲームで珍客三昧 アナゴ&カワハギとまさかの対面【須磨】

9月8日の夕方から須磨でライトゲームを楽しんだ。アナゴにカワハギにウミタナゴなど、意外な珍客ばかりが顔を見せた釣行をレポートしたい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

須磨でライトゲーム

9月8日、夕方から21時前後まで須磨エリアでライトゲーム。天候は晴れのち曇り、風は西向きに3m程度であった。中潮で21時頃に満潮を迎える。

暑さはすでに夏の盛りを越えているが、この時期から魚の活性が本格的に上がり出す。私としては、須磨ではあまり専門で狙う人がいない、アジをターゲットとしていた。船のシェードやコーナーの気泡下などが穴場ではないかと思っていたのだ。

波止ライトゲームで珍客三昧 アナゴ&カワハギとまさかの対面【須磨】夕マヅメからスタート(提供:WEBライター・井上海生)

極小ヘッドを使用

夕マヅメからスタート。少し早めに入ってチェックしていたが、サビキ師が釣っているアジが小さい…。なかなか厳しいかもしれないと思いながら、一言断って、サビキ師の横に少し距離をとって入れてもらう。

アタりはあるがのらないという状況が続いた。サビキに狂っているときには、夕マヅメでもワームに反応しないことが多いのだ。しかし、こんなときのために、奥の手を用意しておいた。極小ジグヘッドだ。#16ほどのサイズではないだろうか。指のささくれ程度のハリである。1inchアンダーのワームを組み合わせる。こいつが豆々アジには効く。

波止ライトゲームで珍客三昧 アナゴ&カワハギとまさかの対面【須磨】極小リグ(提供:WEBライター・井上海生)

まさかの魚種が次々

と思っていたら、なんとヒットしたのはカワハギ。私は初めてライトゲームでカワハギを釣った。メタルジグに反応することがあると聞いたことがあるが、ワームでも釣れるのか。しかも群れで入っていたらしく、続けて4匹をゲット。

ご存じのように、カワハギはショアから釣れる魚では最高級においしい魚。そしてカワハギという名前の通り、カワが簡単にはがせてしまうので、調理もカンタン。嬉しくキープした。

その後、ルアーでは珍しいウミタナゴも登場。しかも、まずまずのサイズでよく引いた。私はなんだか奇妙な感に打たれながら、いやしかしこれも釣りだ、と感慨を深めながら夕マヅメを終えたものだ。

ボトムステイでアナゴ

しかし、アジがこないことには、飽き足りない思いを感じていた。サビキについたアジの下のレンジに良型がいると見て、戦略を思い切って変えてみる。アピール力の高いロングワームをボトムステイしてみることにした。

竿先が入った。しかし、このドンドンという引き、アジではない…。何かと思ったら、これまたライトゲームで初めて釣るアナゴだった。

波止ライトゲームで珍客三昧 アナゴ&カワハギとまさかの対面【須磨】ライトゲームで初のアナゴ(提供:WEBライター・井上海生)

ハリを飲みこまれていて、外すのに苦労…。想定外のことばかり起こる日だ。しかし、そんな須磨の海はやはり面白い。過去には、非常に希少な魚といわれる「サクラマス」が釣れたこともあるそうで…。やはり何度でも通う価値があると思った。

次のページでは定番ターゲットも登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。