夜の沖磯ぶっこみ釣りで48cmシブダイ ウニエサにヒット【宮崎・油津】

夜の沖磯ぶっこみ釣りで48cmシブダイ ウニエサにヒット【宮崎・油津】

宮崎県日南市の油津エリアで、沖に浮かぶカタブキという瀬での底物とシブダイをターゲットに釣行。ウニエサの付け方に工夫し、本命をゲットすることができた。

宮崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

渡船は黒潮丸を使用

同行者は、日南市の小玉さんだ。夜釣りの際は、1人ではなく複数人での釣行をお薦めする。暗い夜磯での万が一の事故にも対応するためだ。

8月15日の午後3時出船で、お世話になった渡船は黒潮丸。午後3時出船で、翌朝午前5時の迎えというシステムだ。

夜の沖磯ぶっこみ釣りで48cmシブダイ ウニエサにヒット【宮崎・油津】広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

底物を狙う

この時期は午後3時に磯に向かうと日が暮れて、暗くなる7時ごろまでは底物釣り、暗くなってからはシブダイ釣りというように、2種類の釣りを楽しむことができる。

今回の釣行でも、私の場合はいつものように瀬渡し直後から底物(今回はイシガキダイ)狙いの準備を行い、早速釣りを始めた。同様に、同行者の小玉さんも釣りを始めた。

使用したエサ

底物のエサに準備したのは、ガンガゼとシラガウニだ。海水温度25度ほどあったこの日の海では、やはりエサに群がる小型のイシガキダイの猛攻を受け、比較的軟らかいガンガゼだと、あっという間に取られてしまう。

ここでエサ持ちの良いシラガウニが役に立つのだが、ガンガゼでのエサ取りの状況から、シラガウニは芯をくり抜き、その芯のみ2~3個をハリスワイヤーへ通しセットした。

イシガキダイ45cmがヒット

結果的にこれがヒットパターンとなったのか、45cmほどの良型イシガキダイを1尾釣ることができた。

夜の沖磯ぶっこみ釣りで48cmシブダイ ウニエサにヒット【宮崎・油津】明るいうちはイシガキダイ狙い。45cm一閃(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

その後も同じように仕掛けをポイントに送り込むが、やはり活性よい小型のイシガキダイと思われる魚にエサを取られ、早い段階で用意してきたガンガゼ20個とシラガウニ2kgはなくなった。

しかし、ちょうどそのころには日も沈み、うっすらと暗くなり始めたので、軽く食事を済ませて、いよいよシブダイ釣りの仕掛けへと変更した。

シブダイ釣りの仕掛け

今回のシブダイ釣り仕掛けだが、底物釣りで使ったサオ、リール、ライン、瀬ズレワイヤーまではそのまま流用した。

ハリとハリスのみを変更したのだが、ハリは鬼掛の夜尾長14号、ハリスはフロロカーボンラインカーボン10号で、ハリスの長さは40cmほど。瀬ズレワイヤーのスクリューサルカンのスクリュー先端に結びつけた。サオ先にはケミホタルLサイズを装着し、置きザオで宙釣りにて狙う作戦だ。

夜の沖磯ぶっこみ釣りで48cmシブダイ ウニエサにヒット【宮崎・油津】仕掛け(イシダイ、シブダイ)(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

まきエサは、ボイル、イワシスライス、パン粉などを適当に混ぜ合わせて、狙いのポイントに定期的に投げ入れた。つけエサは、キビナゴ、サンマの切り身、オキアミボイルの3つ。

次のページで本命シブダイ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。