今さら聞けないアジングのキホン:『ジグ単』リグの5つのアクション

今さら聞けないアジングのキホン:『ジグ単』リグの5つのアクション

アジングのスタンダードは、ジグ単(ジグヘッド単体)だ。しかしジグ単といっても、その釣法は様々である。今回はジグ単での多用なアジの誘い方について解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジングにおけるジグ単のアクション

アジングにおける基本的なリグは、ジグ単(ジグヘッド単体)だ。

しかしジグ単と一言でいっても、そのアクション・誘い方は様々である。それぞれの使用方法を知っておくと、あらゆる場面に対応することができる。今回はジグ単のアクション方法を5つ紹介しよう。

1.レンジキープ釣法

現在、ほとんどのアジは、プランクトンパターンだと言われる。プランクトンを食べているアジを、どうやって釣るか。それは、「ワームをプランクトンに見せる」、この一手だ。

プランクトンに似せる

では、具体的にどうするか。簡単なことで、ワームを投げて、なるべく水中で動かさないこと。特定のレンジに定位させ、じわーっとアジにワームを見せてやることで、それをプランクトンの塊だと思ったアジが口を使ってくる。これが「レンジキープ釣法」である。

今さら聞けないアジングのキホン:『ジグ単』リグの5つのアクションレンジキープで仕留めたアジ(提供:WEBライター・井上海生)

カウントダウンは必須

レンジキープはカウントダウンと共に行う。頭の中で数字をカウントして、5カウントのレンジ、10カウント、15カウントと刻み、それぞれのレンジでワームの止めを試す。アジがいればどこかのレンジで飛びついてくるので、アタったレンジを重点的に釣ろう。

2.リフト&フォール

「目の前にあるものが、一旦上にいって、また落ちてくる動きに弱い」というアジの習性がある。これを利用するのが、「リフト&フォール」という釣り方だ。ベイトフィッシュを食べているアジや、本能的な習性を利用した、リアクションバイトを誘発する。

これもリグの操作は簡単で、カウントダウンして任意のレンジにリグを落としてから、少し早めのハンドル操作で上方へ巻き上げ、ピタッと止めてまた下へ落とす。この繰り返しである。リフトさせる動きに関しては、竿先でちょんちょんと動かしてやってもいい。

3.リトリーブ

アジはあまりリトリーブで食う魚ではない。ただし、外洋性の高い、ベイトフィッシュを食べているようなアジは、リトリーブに反応が良かったりする。潮通しのいいポイントでレンジキープしてもリフト&フォールしてもアタリがない状況では、リトリーブを試してみるのも手だ。

リトリーブは基本的にスローに巻く。ただしノーマルリトリーブが効いたり、早めのリトリーブが効くこともあるので、リトリーブにアタる状況では巻き速度を変化させて応を探ろう。

次のページでボトムステイ&ダートアクションを解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。