播磨灘で青物シーズン開幕 ボート『落とし込み』釣りでハマチ好捕

播磨灘で青物シーズン開幕 ボート『落とし込み』釣りでハマチ好捕

8月3日と8月7日、播磨灘での落とし込み釣りにマイボートで出かけました。青物シーズン序盤で60cm級までのブリ族をキャッチした釣行をレポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

8月7日は家島諸島上島へ

8月7日の狙いは、家島諸島上島の北側でシロキス釣りです。

キスはご機嫌斜め

これまたキスの機嫌が悪く、アタリも居食いのような「ブイッ」程度で、気持ちのいいブルルンルーンというアタリには程遠いです。ポツッポツッと釣れますが、ガッチョとテテカミも同数きます。

9時を過ぎても未だ6匹と食いが悪く、私も機嫌が悪いままです。深追いしても…と思い中止して、青物へ転進です。

播磨灘で青物シーズン開幕 ボート『落とし込み』釣りでハマチ好捕狙いのキスはポツポツ…(提供:WEBライター・丸山明)

魚探でイワシを探す

先日は目の前にイワシの群れが回遊してきましたが、この日は探すしかありません。近場にイワシが付く魚礁があるので見に行くと…いました!イワシに青物の魚探反応です。よしツバスだと思い、先日のライトタックルを準備して、ボートを群れの潮上に付けます。

58cmハマチをキャッチ

水深20mの15mくらいにイワシの群れ、そのタナに仕掛けが行くと「プルプル」とイワシが掛かり、タナを下げて待つと食い込んできました。しかし、食い込み悪くハリ外れ。

流し直して再度挑戦すると、強引の食い込みです。何がツバスなものか、メジロ小かハマチ大です。よく走り、こっちを向いた時に必死に巻きますが、一進一退。ライトタックルのため一気に勝負ができず、苦労し手仕留めたのは、うれしい58cmのハマチ大。

そして、このサイズが続きます。ハリ外れや魚礁に引っ掛けたりして、1時間半の間に8回流して6回掛け、3匹捕まえました。ライトタックルでハマチ大は成功です。シロキスのことは忘れました。

これで11時過ぎ。気温が高くなる前に沖上がり。潮がまだまだ効いていて、続ければ大釣りですが、このサイズ3匹ならしばらくうまい魚が食べられます。

播磨灘で青物シーズン開幕 ボート『落とし込み』釣りでハマチ好捕仕留めたハマチ3匹(提供:WEBライター・丸山明)

次のページは今シーズンの見通しを考察

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。