オフショアルアー五目でヒラマサ&マダイ SLJでは苦戦【福岡】

オフショアルアー五目でヒラマサ&マダイ SLJでは苦戦【福岡】

7月18日、午前便はSLJ(スーパーライトジギング)、午後便はルアー五目で出船してきた。苦戦しつつもヒラマサ、マダイなどを手中に収めた釣行の模様をお伝えしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

福岡・箱崎出船でSLJ

午前5時に箱崎漁港(福岡市)を出船してSLJで釣り開始。しかし、この日は絶不調。いくつもポイントをラン&ガンしていくが、魚からのアタリは遠く、マダイとヒラメがそれぞれ1尾のみの貧果で終わってしまった。

帰港し、午後便は正午に出船。午前の反省でエリアを変えてスタートするが、ファーストポイントではアタリなし。

ジギングでヒラマサ手中

午前同様、SLJでは厳しいと判断し、何人かジギングタックルを持ち込んでいたので、試しに100~120gのジグを投入してもらうと、狙い通りにヒラマサがヒット。サイズはヒラゴ級を脱せないが、そこからは連発で、午前便の悪夢を払拭することができた。

その後も各ポイントをラン&ガンし、反応のある所では確実に釣果を得ることができ、サイズアップにも成功。予報に反して風が強く、波もあって釣りにくい状況ではあったが、コンスタントに釣ることができた。

オフショアルアー五目でヒラマサ&マダイ SLJでは苦戦【福岡】ジギングが面白くなってくる(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

ルアー五目に転戦

ある程度、青物の釣果もでたので、今度はイカメタルとSLJ・タイラバにチェンジ。

ポイントを大きく変え、始めはドテラ流しで狙ったが、あまりに船が流されてイカメタルは釣りにならないので、パラシュートアンカーを投入。

オフショアルアー五目でヒラマサ&マダイ SLJでは苦戦【福岡】タックル例(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

タイラバで良型マダイ

直近は堅調に釣果がでていたイカメタルだが、この日はなぜかアタリが遠く苦戦。

反してSLJ・タイラバは、始めこそカナトフグの猛攻に遭ったが、連発とはいかないまでも狙いのマダイがぽつぽつヒット。大型サイズこそ飛び出さなかったが、40~50cmほどのちょうどいいサイズを数尾追加。

オフショアルアー五目でヒラマサ&マダイ SLJでは苦戦【福岡】タイラバには良型マダイが(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

最後は連続ラインブレイクで幕を閉じ、午後5時にストップフィッシングとした。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。