【2019-2020シーズン】大阪湾メバリングのエリア別サイズ特徴と要因

【2019-2020シーズン】大阪湾メバリングのエリア別サイズ特徴と要因

2019年秋以降、大阪湾のライトゲームは好調だった。暖冬で、例年よりも水温が高かったおかげか。もう少し早く始めておけば……と少し悔やまれるシーズンを振り返ってみた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪湾メバリング釣果傾向

私は基本的にアジが釣れる限りはアジを狙うので、メバリングに本腰を入れたのは2~4月、シーズン半ばから終盤までの釣果となる。メインフィールドである大阪南港を中心に、西は須磨~垂水、南は泉南市までのエリアではあったが、それでも相当、数も型も釣れた。

今シーズンのメバリングは須磨、垂水以外の場所で25cm超えを出すことができた。大阪南港では、自己記録である29cmが連発した。ただ、今年も惜しくも尺には届かなかった。しかし、多い日には10尾近く尺近いサイズが出て、ぎりぎり30cmに届かない理由を、釣法や腕の甘さに帰さず、もう少し冷静に分析してみるべきかもしれない。

私が考えたのは、各フィールドの水色(すいしょく)、水質と、釣り人の動向が、釣れてくるメバルのサイズに影響するのではないか、ということだ。

大阪南港で29cmがリミットのワケ

尺前の良型メバルは、必ず、大阪南港の特定の場所で出ている。この理由は、おそらく、水質があまり良くないイメージのエリアだから、持ち帰って調理することは避け、釣り人が魚をリリースするからだろう。

メバルは1年に3cm程度しか成長しないらしい。惜しくも尺に届かない魚はリリースしようという気になる。私自身そうだ。けれど、これが尺超えならどうだろう。「メモリアル・フィッシュ」として、湾奥居付きの独特の臭いが多少あったとしても、記念に持ち帰りたくなる。

そういった理由から、29cmという、メバリングを楽しむ人にとっては、なんとも歯がゆいリミットがあるのではなかろうか。

【2019-2020シーズン】大阪湾メバリングのエリア別サイズ特徴と要因大阪南港のメバル29cm(提供:WEBライター・井上海生)

須磨以西は20cmが合格サイズ

須磨以西の釣り場でのメバルのサイズは交通アクセスと直結する。電車釣行が可能でアクセスの良い須磨、垂水といったフィールドは、ポイントにも富み、足場も良く、常に釣り人で賑う。

ちょうど須磨辺りから潮が入れかわって、見るからに水質も良い。そのため、おいしく食べられる20cm以上は持ち帰られて少ない。私は個人的に、垂水のメバルが一番好きだ。最大の理由は、体色が美しいことだ。波止の際で日没間際の時合いに出る「金赤メバル」は、夕陽に映えてほれぼれする。これも釣りの趣だろう。

泉南エリアは25cm級メイン

泉南の海は透き通っている。水中がくっきりと見え、潮溜まりの小世界に生きるカニや小さな魚の姿を覗き込むと、子どもの頃、釣りや生物採集に惹かれるきっかけになった、自分の海の原体験がよみがえる。

地形にも富み、釣れる魚も豊富だ。ただ、距離に屈する。大阪近郊の住民にとって、阪南、泉南といったフィールドは、近いようでなかなか遠い。高速の出口から、ほとんどのポイントまで40分くらいは走るというイメージだ。アクセスが良いとは言えない。

そのため、釣り場は無数にあるにもかかわらず、釣り人は多くない。マイポイントではアジが年中抜群なので、私はわざわざここまでくると終夜アジングをするが、そのおまけで、というには十分すぎるほどのサイズ(25cm程度)のメバルが必ず1尾は釣れる。

【2019-2020シーズン】大阪湾メバリングのエリア別サイズ特徴と要因泉南のゴロタエリアで釣れたメバル(提供:WEBライター・井上海生)

しかし、これもやはり「メモリアル・フィッシュはお持ち帰りされる」道理でか、尺を出すのはなかなか難しそうだ。

次のページで大阪南港で尺級メバルを狙う方法を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。