【2020】アユのトモ釣りオススメ河川:神流川 変化に富む川相を堪能

【2020】アユのトモ釣りオススメ河川:神流川 変化に富む川相を堪能

群馬県のアユ釣り河川のなかで、この数年もっとも注目度が高いのは神流川。南西部に位置し、奥多野の深い山々に囲まれた里川で、利根川水系烏川の二次支流。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース特別版 谷知典)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

神流川の概況

関越道藤岡ICから1時間ほど。下仁田ICを利用して、上野村最上流から川の脇を下ってくるルートもある。

【2020】アユのトモ釣りオススメ河川:神流川 変化に富む川相を堪能魚影が濃く人気の河川(提供:週刊つりニュース特別版 谷知典)

下久保ダム(神流湖)より上流を流れる神流町の南甘漁協が管理する地区と、上流の上野村漁協が管理する地区に分かれる。解禁日が異なるので要注意。どちらも水の透明度は高く、美味しいアユとして名高い。

上流の上野村地区は放流量が多く、毎年1600kg前後。複数種の種苗が放流され、シーズン後半まで楽しめる。

釣り場&釣り方紹介

ここでは、南甘漁協が管理するエリアを紹介。各ポイントの入川口に、下流側から1~35番まで看板があり、わかりやすいだけでなく、仲間と集合する際の目印になるので、とてもありがたい。このほか、トイレが各所にあり、オトリ店の数も多く、河川状況や釣果情報などネットでひん繁に更新されていて便利。

今年の放流量は4200kgと、河川規模から見ればズバ抜けている。分散放流なので、シーズン中、台風などの大水が出ても安心の体制を取っている。また、放流以外に神流湖からの天然遡上がある、北関東ではめずらしい河川。昨年も最下流域で湖産アユがよく釣れ、いい思いをさせてもらった。

今年の解禁は6月6日となっているが、急きょ変更、延期になる場合もあるので、漁協ホームページや天野刃物工房の「今日の神流川」などで再確認を。

【2020】アユのトモ釣りオススメ河川:神流川 変化に富む川相を堪能川幅はそれほど広くない(提供:週刊つりニュース特別版 谷知典)

川幅はそれほど広くないので、8~8.5mの早瀬クラスの竿が好適。また古くより伝わる少し大きめの「南甘バリ」という2本ヤナギが、驚くほど効果を発揮する場合がある。オトリと一緒に購入してみるのもいい。

川全体が変化に富んでいて、瀬釣り、泳がせ釣りどちらも可能。アベレージは極端に大きくないので、繊細な細イトや小バリでも十分に楽しめると思う。

<週刊つりニュース特別版 谷知典/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
神流川
管轄:南甘漁協
この記事は『週刊つりニュース特別版』2020年5月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。