船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?

船釣りに使う道具は色々あるが、快適な釣行に欠かせないグッズが「竿受け(ロッドホルダー)」だ。今回は、同アイテムの基礎知識を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

竿受け(ロッドホルダー)の必要性

船は自分の釣り座スペースに限りがあるため、適当に竿を放っておく訳にはいかない。また、重たいオモリを使って置き竿で狙う釣りなどでは竿をがっちりと固定してくれる竿受けは必須ともいえるアイテムだ。

また、基本的に手持ちでの釣りで竿受けは一見不要な釣りでも、船の移動時など、一時的に竿を置いておける竿受けがあれば、他の作業ができたりと非常に便利だ。船縁に立てかけておくと、船が揺れて竿が倒れたりして、最悪の場合は竿の破損にも繋がりかねない。

自分の釣りに合わせた竿受けを一つは持っておきたいものである。そこで、今回は船釣りで使用する竿受けの基礎知識として、選ぶ際のポイントなどを紹介していきたい。

竿受けとひと口にいっても、ショップのコーナーではバリエーションの豊富さに驚かされる。それほど種類も多く、実際に選ぶポイントが分からなければ、なかなか自分の釣りに合った竿受けを見つけ出す事ができない。まずは、用途別にポイントを見てみよう。

チョイ置きタイプ

基本的にY字型が多く、船縁に開いている穴に突っ込んで、又の部分に竿を置くだけのシンプルなタイプ。釣りをする時には竿受けは使わず手持ちで釣り、船の移動時やエサ交換時などに一時的に竿を置くための竿受けだ。

船釣り用『竿受け(ロッドホルダー)』基礎知識 選ぶ時の基準とは?チョイ置きタイプの竿受け(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

「手持ちなので竿受けが要らないのでは?」と思われるかもしれないが、竿を船縁に立てておくと船が揺れて竿が倒れたりと、作業の邪魔になる。また、竿を置いた時に痛まないように、又の部分はウレタンやゴムなどの軟らかい素材でできているのでありがたい。非常にコンパクトなので、タックルボックスの片隅に入れての運搬も楽ちんだ。

竿固定タイプ

船縁に本体を万力のようなクランプでしっかりと固定し、竿にはヘッドを取り付ける事で、本体との取り外しがワンタッチでできる。置き竿などで使用する釣りでは幅広く使われているので、現在では種類も非常に多くなっている。

ここからは、種類の多い竿固定タイプについて詳しく解説していこう。

強度とパワー

竿固定タイプの竿受けは竿に掛かる負荷(オモリや魚の引きなど)をすべて受け止めて固定する力が必要だ。それも船縁にクランプで取り付けただけの状態で、負荷を受け止めるのでかなり強度的にもしっかりしているといえる。

ただし、竿受けに規格によって決められた負荷以上の力が掛かれば、もちろん破損したり、竿が外れる、クランプが船縁から外れるなどに繋がる事もある。基本的にライトな釣り用ほどコンパクトで軽量、負荷の大きな釣りに使用するタイプほど、がっちりとしていて本体も大きめな事が多い。

メーカーの商品企画を見ると、負荷重量というよりは、「適合ハリス〜号まで」と表記されている事が多い。これは「〜kgまで」と表記されるよりも、具体的に釣りシーンをイメージしやすくて分かりやすい。

実際に竿受けを使う自分の釣り方や仕掛けを思い浮かべ、適合する強度の竿受けを選ぶ要素の一つにすれば良いだろう。

次のページでクランプ幅とヘッドについて解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。