今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉県・片倉ダム】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉県・片倉ダム】

ポイント最優先の大型狙いではあるが、晩秋にかけてホットスポットが現れる釣り場がある。それが千葉県君津市にある片倉ダムの親水公園下だ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース編集部)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

片倉ダムの概況

かつて大型狙いで全国的に脚光を浴びた兄貴分の亀山湖を、今や完全に凌駕してしまったのが同湖上流部の片倉ダムだ。

とくに下流部にあるレンタルボート笹川は、バス釣りメインながらヘラブナ釣りにも力を入れており情報量も豊富。電動カート、レンタルエレキセット、安定感のある大型舟(14ft艇)など高齢者でも過度の負担なく釣りが始められる態勢が整っている。連日、大型好きの元気なおじいちゃんたちが各地から押し寄せている。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉県・片倉ダム】概況図(作図:週刊へらニュース編集部)

親水公園下は舟宿から至近なので手こぎでもOK。しかもポイントに迷いがないので、釣り方やエサに集中できる。山肌に赤みが増してくると連日尺半はおろか50cm超が顔を見せ始める。長竿チョウチンで豪快に大型をゲットしてみよう。

今期の片倉ダムは異常なほど50cm超が数多く出現した。とくに9~10月は連発し、何と55cmや53cm4kg弱まで浮上。しかし冷たい雨が降り水温が一気に下がると、超大型の食いは下降気味となってしまった。直近では尺半を釣るのが精いっぱいの状況だが、これは端境期のよるもの。低いなりに水温が安定すれば、今度は本湖のドン深ポイントで大型が口を使い始めるのが例年の傾向だ。

ポイント

片倉ダムのポイントを紹介しよう。

親水公園下

現状は時期尚早で竿を出す人も少なく、情報不足の感は否めないが、山肌が紅葉しはじめる11月以降は同湖の1級ポイントとなる。舟宿からも至近なのでエレキなしでも行ける。ただし時期になると混雑気味となり、人災でアタリが遠のくこともしばしば。竿は18~24尺でタナはチョウチン。

宮の下対岸

舟宿から下流に舟を進めると、正面の突き当たりの山の下周辺の通称。正面から見て右側のワンド入口角~左側の小ワンドまでの間がお勧め。竿18~24尺チョウチン。

星の広場

ヅウタ橋をくぐり2つ目のヘアピンカーブ周辺。水面上に露出している立ち木を利用して着舟する。根掛かりが多いので、着舟位置や舟向きにひと工夫必要。アウトサイド側は崖崩れが多いので入釣不可。竿15~21尺チョウチン。黒滝&ゴンカミ

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉県・片倉ダム】立ち木が乱立する星の広場(提供:週刊へらニュース編集部)

いわゆる水中立ち木密集エリア。とくにこれからの時期は深いタナを狙うので場合によっては根掛かりで釣りにならないこともある。水位が急激に下がるなどの悪条件がなければ魚は常にいると思われるが、リスクを背負っての釣りになる。

次のページで片倉ダムの釣り方とエサを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。